1. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  2. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  3. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  4. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  5. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  6. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  7. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  8. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
便利データベース 美容外科無料登録

英語に翻訳

中国語に翻訳

C.E.T.(インディバ)

高周波温熱トリートメントのこと。
血行をよくし、新陳代謝、基礎代謝を高める効果があり、美肌へのトリートメントとしても使用されています。

特殊なRF(高周波)エネルギーの透過によって、生体組織の深部に加温作用を生じさせることによる温熱療法です。
この温熱作用によるジュール熱は「自律神経を活発化」「消化器官系の働きを整理」「血行改善」等により、酸素や栄養素の供給を促します。
これらの作用が、細胞を活発化して筋肉組織を「芯」から温め、活性酸素の除去に働きかけるのです。
この副産物として美肌に導きます。

わたくし編集長も受けました。
非常によい治療法です。

イオン導入

皮膚にはバリアゾーンと呼ばれる角質層があり、外からの物質の侵入を防いでいます。
微弱電気の力を用いて、ビタミンCなどの有効成分を皮膚の深部まで浸透させることができる治療法がイオン導入です。

別名「イオントフォレーシス」と呼ばれ、皮膚に微弱な電流を流すことで、水溶性の薬物を皮膚内に効果的に導入する方法です。
マイナスの電極を顔の皮膚にあて、プラスの電極を手に持って電流を流すと、水に溶けるとマイナスに帯電するビタミンC誘導体=イオンが、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発力によって、顔の皮膚の奥へと浸透します。
浸透できるのは主に小さな分子量のもので、コラーゲンやヒアルロン酸などの大分子は肌の中へ入る事はできません。

エンダモロジー

エンダモロジーとは、フランスの会社で開発されたセルライト除去のための美容整形の医療器具で、米国食品医薬品局が世界で初めて許可したボディトリートメントシステムです。

エンダモロジーは今や世界的に幅広い支持を受けている美容法のひとつです。
エンダモロジーの名前の由来は、古ギリシャ語の「エン(内側)」「ダーモ(皮膚)」「ロジー(科学)」からきています。
皮膚を吸引しながらローラーで揉みほぐす「三次元的ストレッチ効果」で蓄積された老廃物が排出されやすくなるので、セルライトの解消に効果的です。

「メスを使わない脂肪吸引」と言われるておりますが、脂肪吸引とは原理が全く異なる施術ですので、注意してください。
全身痩身はもちろん、部分痩せ「肩こり」「冷え」「むくみ」などにも効果的と言われております。

編集長も、定期的に肩こり解消でこのエンダモロジーを受けています。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、「ケミカル=化学物質」を使って「ピーリング=皮をむく事」という意味の言葉です。主に酸によって皮膚を溶かし新しい肌を再生させることで、キメの揃ったきれいな肌に生まれ変わるというものです。
使用する薬品にはいろいろな種類がありますが、酸の強さや濃度、時間を調節することでどの深さまでピーリングをするのかが決まります。

気になる金額ですが、数千円というキャンペーン価格のようなところから、20000円を超えるセレブ治療のところまで様々です。
ただ、平均すると13500円くらいに落ち着くと思われます。

わたくし編集長も、月に1度は受けてます。

サリチル酸ピーリング

通常はダウンタイムが少ない事からAHAによるピーリングが一般的となっていますが、サリチル酸ピーリングはいろいろなメリットがあり、有効なピーリング方として認められています。
サリチル酸は、一般にエタノール溶液に溶かして使用されるため、脂溶性で面皰の圧出作用や皮脂の詰まったところにも浸透して皮脂分泌の改善などが特徴とされています。

サリチル酸ピーリングのデメリットは「炎症や痛み」といった副作用です。
最近では「サリチル酸マクロゴールピーリング」という治療法があり、この副作用を軽減するものとして注目されています。
ピーリング治療後は他の治療同様に日焼け止めなどの対策をしっかり取る必要があります。
ダウンタイムは数日から1週間ですが、翌日にはメイクもできるようです。

気になる料金体系ですが、1回の治療で約1万円前後といったところ。
最低でも3回の施術が望ましいと言われてるので、だいたい3万円前後と考えるべきでしょう。

フェイシャルエステ

フェイシャルエステは、顔をケアするエステのことです。大きく分けてみると二つの効果が得られることができます。
 1つは顔を美しくするという効果で、これには、ホワイトニング、ケミカルピーリング、リフティング、アイケア、オイルパックなどがあります。
 フェイシャルエステのもう1つの大きな効果というのは小顔・痩身効果です。マッサージで頬・顎の筋肉を刺激していき、血行を促進することによって、二重顎・下膨れを中心にケアしていきます。

プラセンタ

プラセンタは英語で「胎盤」を意味します。私たち哺乳動物はその誕生に当たり、母胎と胎児の仲立ちをする胎盤のおかげで、母胎から十分な酸素と栄養を受けて健やかに発育することができます。

 胎盤は、胎児とはへその緒(臍帯)でつながっています。へその緒は弾力性及び伸展性にすぐれ、その中に血管が走っています。胎盤の形成は受精後約5週目からはじまり、13週頃になって完成します。そのつくられる経緯を簡単に振り返ってみましょう。
 まず、卵子と精子が出会って生じた受精卵が、子宮内壁に着床(固定) することに端を発します。着床した受精卵の表面からは、絨毛が無数に出て、やがて着床面の絨毛だけが成長し(他の絨毛は退化)母体の子宮内壁と結合して、平たいホットケーキ状(円盤状)の臓器がつくられます。これが胎盤です。
 胎盤は、胎児と母体とをむすびつけるとともに、両者を隔てる役割を果たします。母体から胎児への栄養や酸素などは、母体の血液から胎盤を通って、胎児の血液に入り、逆に胎児の老廃物は、胎盤を通って母体の血液中に捨てられます。
 この際、両者の血液が交じり合うことはありません。胎児側の血液は、絨毛内の胎児血管を循環し、母体の血液は絨毛間腔を満たすのみです。

メディカルエステ全般

メディカルとエステが融合した、エステよりもさらに医学的エビデンスを持つものです。
最近では、病院やクリニックでも術後のケアにエステを取り入れることが多くあり、既存のエステとの違いを表現するためにメディカルエステと呼んでいます。

非常に高い技術と、高度な機械を導入しており、今エステからメディカルエステへのシフトがあります。

リフレクソロジー

リフレクソロジーとは、反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法。

日本では「英国式」と「台湾式」などと呼ばれており、街角の店舗や広告などでもなじみがあるでしょう。
いずれもアメリカが発祥で、「中国式」は台湾式に中国の伝統医学を組み込んだもの・・・とする見方が大半です。

レーザーピーリング

レーザーを使用したピーリングにより、古い皮膚(角質)をはがして、新しい肌が生まれるのを助けます。
ピーリングをすることによって皮膚の新陳代謝を促進させお肌の本来の自然な美しさを取り戻すことができます。ピーリングには主に、レーザーピーリングと、ケミカルピーリングの2種類の方法があります。

それぞれのピーリングの解説は、各項目をご覧ください。

超音波導入

超音波により、1秒で約300万回の振動を皮膚に与えることにより、通常では浸透しにくい有効成分を、皮膚の深部まで浸透させることができます。また、血行とリンパ流の活性、新陳代謝を促進します。

超音波導入とイオン導入を組み合わせて行うと、肌の有効成分を単純に外用したときと比較して、約40-100倍の浸透力があり、ケミカルピーリングと組み合わせると、より高いお肌の若返り効果が得られます。

超音波の物理的な振動を与えることで(1秒に300万回)、皮膚に空洞化現象を起こし、お肌の老化改善に必要な有効成分をお肌の深部に浸透させる治療です。

半導体レーザー治療

レーザーというと、傷の心配をしますが、その心配は全くありません。
最新の研究では、もっとも外傷が少なく、安全性が高い治療がレーザー治療です。


半導体レーザー治療には次のような作用があります。
・筋肉を和らげて血管を拡張し、血流を改善する
・痛みの元となる物質の代謝を促進し、やわらげる
・生体を活性化し、産生を促進して代謝を上げる
・神経の興奮を抑制する

[スポンサード・リンク]