1. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  2. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  3. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  4. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  5. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  6. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  7. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  8. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
便利データベース 美容外科無料登録


英語に翻訳

中国語に翻訳

口唇拡大

口唇拡大の治療はヒアルロン酸を注射してふっくらとさせる美容整形です。
ダウンタイムがないので、誰でも簡単に治療を受けていただけます。
仕上がりの大きさや形状についても鏡で見ながら注入しますので、ご希望の状態に仕上げることが可能です。

唇をふっくらとさせる方法には2パターンの術式があります。
口腔粘膜から粘膜を外に前進させて、赤唇部を大きくさせる方法で、もうひとつの方法は鼻の下で皮膚を切除し、引き上げる方法となります。

アンチエイジング治療の一環として、ヒアルロン酸などを注入する方法もありますが、吸収されてしまうのが難点です。
ふっくらとした唇を永続させるために外科的治療がよいでしょう。

口唇縮小

口唇縮小は厚い唇を小さく整える口元の美容整形です。
切開で組織を切除しますので元に戻ることはありません。
目立たない部分からアプローチしますので傷は目立ちません。

口唇の正面から見たときに「赤唇部」の理想的な厚さは・・・

・上口唇で8mm
・下口唇で10mm

程度と言われております。といわれています。
口唇縮小術は、厚い唇、大きな唇を薄くする施術で、傷跡は粘膜内で隠れてしまうので目立ちにくい方法です。

「赤唇」の表に出ている部分を「Dry lip」口腔内の濡れている部分を「Wet lip」と呼びますが、赤唇の切除はこのWet lipとDry lipの境界部分で行うのが一般的です。
切除する際、少しWet lipの割合を多くすることで、傷跡を自然にする方法が取られます。

口全般

出っ歯、受け口、ガミースマイルなど、対人関係に大きく影響する口もとのコンプレックスを治療します。
施術成功率が非常に高く、国内の技術の高さを物語ります。

日本人は海外の方に比べて口元の悩みが少ないため、術件数は少ないのですが、歯茎が大きく突き出している形状や、歯並びが異常な場合には保険適用も考えられますので、一度カウンセリングでしっかりと話し合った方がよいでしょう。

笑歯肉(ガミースマイル)

笑ったりして口を大きくあけた時に歯茎が見え過ぎてしまうことを、「ガミースマイル」といいます。
人前で笑えない、つい口元を手で隠してしまう、など、コンプレックスになっている人が多く、外科治療でも相談も多い症例の一つです。

ガミースマイルを矯正歯科で治療する「矯正治療」の場合には保険が適用されますが、美容外科や整形外科で行う手術には保険が適用されません。

いづれにしても技術の高い方を選ぶべきでしょう。
口の中は体の健康をつかさどる重要な器官です。

[スポンサード・リンク]