1. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  2. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  3. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  4. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  5. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  6. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  7. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  8. 美容外科口コミと評価「美容相談ドットコム公式サイト」
便利データベース 美容外科無料登録


英語に翻訳

中国語に翻訳

インプラント抜去

インプラントを用いた豊胸術は、比較的簡単にバストのサイズアップが実現できる反面、カプセル拘縮によるバストの変形や痛み、インプラントの破損・液漏れ、細菌感染や皮膚壊死などの健康被害を引き起こすことが知られています。
また、上記のようなトラブルが起きていなくても、インプラントによる豊胸術を受けた方の多くは、異物が体内に入っていることへの不安感を抱えております。

このような問題点があるため、インプラントを挿入した3人に1人が、10年以内にインプラントを抜去しているのが現状です。日本より多く豊胸術が行われている米国では、なんと毎年約5万人の方がインプラントを抜去することを余儀なくされています。
しかし、インプラントを抜去するとバストの萎縮や変形が起き、形状の悪化を招きます。そのため、インプラントの危険性を認識していても、再度インプラントを移植する方も多いのです。

陥没乳頭

陥没乳頭とは乳頭がへこんでしまっている状態のことを言います。
乳頭に刺激を与えると乳頭が突出するタイプを仮性陥没乳頭と呼び、刺激を与えても突出しないタイプを真性陥没乳頭と呼びます。

陥没乳頭で悩んでいる方は多く、成人女性の10%以上に片側または両側に発生しているとの報告があります。陥没乳頭は成長期に乳房の発育と共に目立って来ます。

胸部全般

胸の治療としては、まず胸を大きくする治療、小さくする治療、また乳頭陥没などのコンプレックス治療に分けられます。
女性のシンボルといっても過言ではない胸部の治療には、カウンセリングに多くの時間を費やすことをお勧めします。

胸に関する治療で人気が高いのは
1位「豊胸施術」
2位「バストアップ」
3位「乳輪縮小」

などがありますが、中でもバストアップ・豊胸の相談は他を大きく引き話しております。
各美容外科が競争原理によって価格が下がってきたこともありますが、それに比例してトラブルが増えているのも事実です。
しっかりとしたカウンセリングと情報収集を行い、背術を行いましょう。

乳頭縮小

乳頭縮小とは、乳首を小さくする手術です。乳首の直径を小さくする手術、乳首の高さを小さくする手術、乳首の直径を小さくして高さも低くする手術など、乳首の形や大きさを変える手術です。

「人より乳首が大きい」「授乳で大きくなってしまった」などという悩みを持つ方が、カウンセリングするケースがあります。
大きすぎる乳首を小さく整えるのが「乳頭縮小」で、乳首が長い場合は、乳首の根元の皮膚をカットし、縫い付ける方法、乳首が大きい場合は、乳首の先端の皮膚をカットし、縫いつけます。

乳房縮小(リダクション)

もともと大きいバストを小さくする治療です。同時に下垂している状態も改善させることが可能です。

バストが大きくて悩んでいる方は意外に多くおられます、通常耳にするのは豊胸手術ですが、リダクションの需要も年々高まっております。

日本ではそれほど胸が大きくて悩んでいるという相談は少ないのですが、食事の欧米化などに理由により、中には非常に胸の大きな日本人が見受けられます。
胸が大きくなると、肩こり、猫背などを併発することがありますので、一般的な大きさまで小さくしたいというニーズは少なくありません。

豊胸よりもトラブルが多いリダクションですので、しっかりと実績のあるクリニックを選びたいものです。

乳房吊上げ(マストペクシー)

加齢や授乳などの影響から徐々に乳房が下垂してきます。それを改善させるのが乳房下垂術(マストペクシー)です。
年齢や肥満により肥大・下垂したバストも、過剰な脂肪・皮膚・乳腺組織等の乳房組織を取り除いて整えることで、バランスの良いバストサイズにする美容施術です。

美しいバストの向き、先端が少し上に向かうようなツンと上がったバストにしたい方や、単に肩こりの解消など、様々な悩みに応じられる施術ですので、しっかりとカウンセリングを行うことがポイントです。

金額も100万円近くするケースもありますので、支払時のトラブルにも気をつけましょう。

乳輪縮小

乳輪は授乳や乳房が大きくなることによって広がってしまう場合があります。
その乳輪を小さく整えるのがこの乳輪縮小です。

コンプレックスとして相談が多い、乳輪縮小ですが、特徴は友人などにも相談できない点でしょう。
恋人にも裸を見せることが憂鬱になり、対人恐怖症になってしまう方も少なくありません。

また、自分の乳輪は大きいのか?小さいのか?という判断も難しいところです。

まずは信頼できる美容外科、最低でも3医院程度へはカウンセリングに行き、様々な意見と情報を収集してください。
手術をするのは最後の手段と考え、しっかり悩み抜きましょう。

当サイトの一斉相談で相談するのもひとつの手かもしれません。

豊胸器具

胸部の施術に使用する機器の事です。
特に外科治療に利用する器具は「最新」か「古い」かよりも、清潔に保っているかどうかが重要です。
医院のカウンセリングをした際に、トイレの清潔感、看護師の白衣の清潔度などもチェックしましょう。

細かいところに気を配れる医院は、器具に対する清潔感も高いといえます。

特に豊胸手術で不衛生な治療をうけると申告です。
死亡例もあるので、必ず細かい部分もチェックしてください。

看護師さんの制服の汚れなども参考になるかもしれません。

豊胸術

豊胸術とは、乳房を大きくしたり、乳房の形を整えることです。
豊胸術にはプロテーゼや各種豊胸バッグを挿入する方法と、脂肪を注入する方法などがあります。
近年、内容物の素材やバッグの耐久性も技術開発により向上し、安心して豊胸術を受けることが可能となりました。

男性は、実はそれほど胸の大きさにはこだわっておりません。
むしろ女性が同じ同性を意識して治療を受けるケースが多いようです。

胸は大きさよりも先端の向き、つまりツンと張ったバストが理想と言われます。
そのためには、手術だけではなく、筋肉トレーニング、運動も併用して、日頃からハリのある肉体を作ることも重要です。

[スポンサード・リンク]