美容外科口コミ|美容相談ドットコム
便利データベース 美容外科・エステ無料登録
美容相談ドットコム スマートフォンサイト
美容コラム・レポート
[スポンサード・リンク]


2008/8/01 一部食料品値上げについて、この先を読む

 食品や、原料の値上げが続く。
 基礎燃料の原油が上がっているのだから当たり前ですが、日本はまだ世帯収入に占める食費の割合が低いから、そんなに深刻なことはないでしょう。しかし目を海外に向けると悲惨な現実が飛び込んできます。
 収入に占める食費の割合が軒並み9割というアフリカや貧困地区では、暴動も多発、死者も続出です。

 しかし皆さん、世界の食糧自給率は実は100%を超えていることをご存じでしょうか?

 食糧不足と言われていますが、世界中で破棄されている、いわゆる食べ残し、作りすぎによる過剰在庫などをならすと、世界に食糧難による貧困はなくなります。
 日本でも、一年間に破棄される食べ残しは、一年間に作られる米の生産高(900万t以上)よりも多くあります。

 これだけ食べ残しをしていて、「食糧難」だの「値上がり」だの騒いでしまったら、世界の人たちから何と言われるか・・・。

 それよりも私が心配しているのはこの先のシナリオです。

 たとえば、原材料が上がり、自国の自給率が下がると、食糧輸出国などは輸出制限をし始めます。すると日本のように海外からの輸入に依存する国では、さらに値段が上がり、果てはお金では買えない事態も想定されます。
 仮にそこまで行かなくても、国内にある外食産業は大打撃でしょう、数あるレストランや飲食店は閉鎖・閉店・一時休業に追い込まれます。また食糧輸入業者も廃業、輸入された食品を加工する加工業者も一部廃業するでしょう。

 このような業界におられる方は、非常にリスクの高い業界に席を置いていると自覚した方がよいかもしれません。

 もちろん、輸入がゼロにはなりませんが、適正な店舗数、適正な業者数に最適化されてゆくということです。

 このコラムを書いている当日グッドウィルが廃業しました。
今の経営者層は、悪い事をしても「ごめんなさい+廃業」で、事を済ませ、蓄財した財産で投資で食べてゆけるからいいのですが、残された従業員が悲惨です。
 
 私が前のコラムでも書いたように、勤め人(サラリー)が最大のリスク業種である。とかいたのはこのことなのです。
 これからグッドウィルの従業員たちはどうするのか? 正社員4000人+非正規社員6000人の合計10000人が市場に降りてきます、ただでさえ、仕事が少ない上に、仕事の担い手が増えるわけです。

 食糧難の前に、仕事難による苦戦に耐えられる防御策を今から考えましょう。


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇
[スポンサード・リンク]