美容相談ドットコム - 公式

美容外科口コミランキングPC版へ

炭水化物の糖質を脂肪になりにくくするGCS750

2013/5/15

炭水化物を摂取した際に、最も厄介なのが血糖値でしょう。
食後血糖はインスリンの分泌を促し、膵臓に負担をかけるばりでなく、脂肪細胞へアクションし体脂肪として蓄積します。
もちろん筋肉と肝臓へグリコーゲンとして蓄積される分もありますが、多くの現代人は運動不足であり、加えて高カーボン(大量の炭水化物食生活)になっていますので、脂肪細胞蓄積が多いのだと思います。
このGCS750に含まれるALAとフェヌグリークエキスは、インシュリンの働きを模倣して筋肉へと糖質を運び込むのです。そして、糖質をグリコーゲンとして優先的に貯蔵します。

この事は血糖値の急上昇を阻害し、食事における過剰なインシュリン分泌を抑える働きがあると言われています。
また、この素晴らしい機能を持つALAとフェヌグリークエキスでも処理できなかった糖質はどうなるかと言うとガルシトリンHCAが脂肪細胞の合成を抑制してくれます。
まさに二段ブロックで炭水化物からの脂肪細胞変換を阻害してくれる素晴らしいサプリメントなわけです。
食べ過ぎてしまいそうな時、友人や知人とランチやディナー前、ビュッフェ前、忘年会・新年会前には是非とも必携のサプリです。



>> 全てのコラムを見る


代表的な美容施術料金比較