1. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  2. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  3. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  4. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  5. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  6. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  7. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
  8. 美容外科を口コミでランキング・評価「美容相談ドットコム公式サイト」
便利データベース 美容外科無料登録

英語に翻訳

中国語に翻訳

スマホサイト

美容相談ドットコム スマートフォンサイト

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:20歳代

はじめまして。5つお聞きしたいことがあります。

まず1つ目は、小さい頃から眉毛と眉毛の間に、みずぼうそうのあとが1つ残っていて、それをなくしてほしいのですが、何かそのためのいい施術方法はありませんか?

2つ目は、顔の肌のことなのですが、乾燥肌で、よく脂が浮くのですが、何を試してみても7年ほど肌質がかわりません。なので即、肌の水分と脂のバランスが取れ、もちもちした肌になるような施術はないでしょうか。

3つ目は、しわ取りのためのコラーゲン注入やヒアルロン酸注入のことなのですが、これらは、半年ほどで消えてしまうじゃないですか。ですが、費用がわりと安く持ちの長い施術は他にないのでしょうか。繊維芽細胞注入法というのはいいんですか?

4つ目は、また顔の肌のことなのですが、約8年前位から、肌が部分的に赤いのですが、どうしたらいいでしょうか。

5つ目は、生まれた時から、へその下辺りに直径1cmほどのあざのようなものがあるのですが、これはとることができるでしょうか。

長々とすみませんが、お返事よろしくお願いいたします。


この相談に対する美容外科からの回答です

酒井形成外科からの回答

美容外科からの回答  --[相談内容]--------------------------------------------------

  はじめまして。5つお聞きしたいことがあります。

  まず1つ目は、小さい頃から眉毛と眉毛の間に、みずぼうそう
  のあとが1つ残っていて、それをなくしてほしいのですが、何
  かそのためのいい施術方法はありませんか?


 回答:

  最も良い方法は形成外科で瘢痕を切除縫合してもらうことです。
  レーザーやお薬の塗布で治る事は決してありません。

 

  2つ目は、顔の肌のことなのですが、乾燥肌で、よく脂が浮く
  のですが、何を試してみても7年ほど肌質がかわりません。なの
  で即、肌の水分と脂のバランスが取れ、もちもちした肌になるよ
  うな施術はないでしょうか。


 回答:

  残念ながら、乾燥肌を簡単に治す方法はありません。
  もし、簡単に治るなら、アトピー性皮膚炎等にとっくに利用され
  ているはずです。
  やり過ぎない程度に保湿に心がけるしかありません。
  保湿クリーム等の塗りすぎはかえって乾燥肌にしますので注意が
  必要です。



  3つ目は、しわ取りのためのコラーゲン注入やヒアルロン酸注入
  のことなのですが、これらは、半年ほどで消えてしまうじゃない
  ですか。ですが、費用がわりと安く持ちの長い施術は他にないの
  でしょうか。繊維芽細胞注入法というのはいいんですか?

 回答:

  あればみんなとっくに施術し流行っているはずです。無いから、
  まだ、ヒアルロン酸を注入しているのです。繊維芽細胞の注入
  は再生医療の今後の見通しとして、実験が進んでいるにすぎま
  せん。これが厚生省の認可を得て本格的に治療ができるには
  10年程度の期間が必要と言われています。しかも、おそらくか
  なり高価になると思います。現在軟骨培養は実際治療化されて
  いますが、鼻をちょっと高くするだけで、200万円程度が必要
  ということです。繊維芽細胞となると、やはり数百万円かかる
  のではないでしょうか。



  4つ目は、また顔の肌のことなのですが、約8年前位から、肌
  が部分的に赤いのですが、どうしたらいいでしょうか。

 回答:

 赤さが何で起っているのかは診察が必要です。まず、皮膚か専門
 施設で調べてもらいましょう。

 

  5つ目は、生まれた時から、へその下辺りに直径1cmほどのあ
  ざのようなものがあるのですが、これはとることができるでしょ
  うか。


 回答:

  あざにも多種多様あります。黒っぽいものや青っぽいものは
  Q-スイッチレーザーで治療可能です。
  茶色っぽいものはレーザーが効くものと効かないものがありま
  す。赤っぽいものはダイレーザーでもP治療が勧められます。
  いずれのものも、直径1Cm程度なら切除する事はできますが、
  傷跡が3Cm程度残ります。
    

長々とすみませんが、お返事よろしくお願いいたします。

酒井形成外科のページへ移動

中央クリニックからの回答

美容外科からの回答 はじめまして。
メールでのご相談拝見いたしました。
5つのご質問にそれぞれお答えしていきます。

まず1つ目の眉間のみずぼうそうの跡ですが、みずぼうそうの跡の陥没はいわゆる傷跡なので全くもと通りにすることは難しいです。治療するならば、切開で取り除いてしまう方法かレーザー(クールタッチレーザー)を繰り返し照射して陥没を浅くしていく方法になります。切開のほうは傷が薄い線となって残ります。レーザーのほうは皮下のコラーゲンを徐々に増やし陥没を押し上げていきますが、回数がかかります。いずれの方法にしても跡が消えてなくなるわけではなく、現在の状態を目立たないよう改善するといったものです。
2つ目の肌のお悩みですが、乾燥とオイリーの混合肌なのだと思います。肌質の改善やバランスを整えるには「高濃度ビタミンイオン導入」と「光治療」がおすすめです。
「高濃度ビタミンイオン導入」とは普通では肌に入らないビタミンを電気の力で肌から直接浸透させる方法でご自分の細胞に働きかけ、改善修復していきます。肌質の改善には最適です。
「光治療」とは肌全体に特殊な光を照射しあらゆる肌の悩みを改善していくもので、当院ではフォトフェイシャル、イーライトの2種類の機械をご用意しております。いずれも医療用機械なので効果も高く当院でも大変人気があります。肌のもっちり感はもちろんのこと、シミ・くすみ、肌の赤み、ニキビ跡、毛穴の開き、小じわなどの改善もしていきます。
これら2つを組み合わせる方法がベストですね。
3つ目のシワに関するご質問ですが、気になるシワの場所や深さによって適した方法が変わります。注射での治療にしてもいくつか種類があります。深い溝やシワに関しては高分子のヒアルロン酸、もしくはご自分の脂肪を使ったオートファイバー法がおすすめですし、薄いシワに関しては粒子の細かいヒアルロン酸やコラーゲンを使用します。持続期間は約半年が目安ですが、最近では1年近くもつ種類や2~3年といったものもありますのでご希望によって選んでいただけます。
4つ目の肌の赤みですが、これは2つ目にご説明した「光治療」か、部分的に赤みだけに反応するレーザー(ダイレーザー)を使用し治療します。皮下の毛細血管が拡張している状態だと思いますので改善は充分に可能です。
5つ目のアザですが、これもレーザーの治療が有効です。

長くなりましたが、以上がご質問に対する簡単な説明になります。もっと詳しい内容がお知りになりたい場合にはお電話かカウンセリングにお越し下さい。ご連絡お待ちしております。

新宿中央クリニック 担当:近藤
tel:0120-669-980

中央クリニックのページへ移動

吉祥寺形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 吉祥寺形成クリニック院長がお答えします。

一つ目は、よくある水疱瘡の跡ですが、切り取るのは大きさによります。眉間ですと5ミリ以下なら可能でしょう。傷跡は目立たないのですが、なくせません。
一時しのぎとしては(半年くらい)、ヒアルロン酸注入はキレイに出来ます。あと何年かで、自家コラーゲンが普及するので、これは永久です。

二つ目には、美容外科的治療では、ありません。美容皮膚科的治療でも再発します。日常のスキンケアーとしての保湿剤のアドバイスは出来ますが、特別なものはありません。

三つ目は、上にも書きましたが、自分の線維芽細胞を混ぜれば、コラーゲンの生産は永続します。培養技術が必要ですので、高価ですが、もうすぐ、一般化しますよ。

四つ目は、診てみないと、なんともわかりません。

五つ目は、レーザーで消せるでしょう。色に応じた機種が必要です。それぞれのクリニックで聞いてみましょう。

吉祥寺形成クリニックのページへ移動

こまちくりにっくからの回答

美容外科からの回答 >まず1つ目は、小さい頃から眉毛と眉毛の間に、みずぼうそうのあとが1つ残っていて、
>それをなくしてほしいのですが、何かそのためのいい施術方法はありませんか?

実際に拝見してみなければなりませんが、一般的にはレーザーで削るか中で凹んだ部分を切り取って縫い合わせる治療が行われます。

>2つ目は、顔の肌のことなのですが、乾燥肌で、よく脂が浮くのですが、何を試してみても
>7年ほど肌質がかわりません。なので即、肌の水分と脂のバランスが取れ、もちもちした肌に
>なるような施術はないでしょうか。

ケミカルピーリングやプラセンタ治療、ビタミンCイオン導入等のメディカルエステが良いかもしれません。これも肌状態を拝見しての判断となります。

>3つ目は、しわ取りのためのコラーゲン注入やヒアルロン酸注入のことなのですが、これらは、
>半年ほどで消えてしまうじゃないですか。ですが、費用がわりと安く持ちの長い施術は他にないの
>でしょうか。繊維芽細胞注入法というのはいいんですか?

永久に持つ素材は問題が起こった時に取り出すこともできず、問題が永久に続く場合が有ります。
線維芽細胞注入は1本100万円程度かかりますので、現実的では有りません。

>4つ目は、また顔の肌のことなのですが、約8年前位から、肌が部分的に赤いのですが、
>どうしたらいいでしょうか。

Vビームレーザーが良いかもしれません。

>5つ目は、生まれた時から、へその下辺りに直径1cmほどのあざのようなものがあるのですが、
>これはとることができるでしょうか。
おそらく扁平母斑と思われます。レーザー治療が行われますが、再発率が高いものです。
実際に色を拝見して見なければなりません。

土井秀明@こまちくりにっく
http://www.komachi.cc/
http://www.komachi-clinic.com/

こまちくりにっくのページへ移動

松田知子皮ふ科医院からの回答

美容外科からの回答

まず1つ目は、小さい頃から眉毛と眉毛の間に、みずぼうそうのあとが1つ残っていて、それをなくしてほしいのですが、何かそのためのいい施術方法はありませんか?
  ヒアルロン酸注入か、切除縫合でしょう。
2つ目は、顔の肌のことなのですが、乾燥肌で、よく脂が浮くのですが、何を試してみても7年ほど肌質がかわりません。なので即、肌の水分と脂のバランスが取れ、もちもちした肌になるような施術はないでしょうか。
  Vビームレーザー、ケミカルピーリング、AC導入などを気長に繰り返すことです。

3つ目は、しわ取りのためのコラーゲン注入やヒアルロン酸注入のことなのですが、これらは、半年ほどで消えてしまうじゃないですか。ですが、費用がわりと安く持ちの長い施術は他にないのでしょうか。繊維芽細胞注入法というのはいいんですか?
  コラーゲン注入やヒアルロン酸注入は比較的安価だと思います。

4つ目は、また顔の肌のことなのですが、約8年前位から、肌が部分的に赤いのですが、どうしたらいいでしょうか。
  Vビームが有効です。

5つ目は、生まれた時から、へその下辺りに直径1cmほどのあざのようなものがあるのですが、これはとることができるでしょうか。
  痣なら、レーザーか切除縫合になります。
 
長々とすみませんが、お返事よろしくお願いいたします。

--[相談内容ここまで]--------------------------------------------------

 相談者の年齢層:20歳代
 相談者の性別:女性

松田知子皮ふ科医院のページへ移動

つかはら美容外科形成外科クリニックからの回答

美容外科からの回答 みずぼうその跡は、ヒアルロン酸注射を使って治療する場合がありますが、
みずぼうその跡は大変硬く、深く陥没している場合が多く、劇的効果はなく、
10ヶ月程で、消えてしまいます。

肌の水分と脂のバランスを取るのは大変難しいことですが、
基本的には保湿をきちんとすることが大切です。
色々な治療をすることで、かえって乾燥を強くすることがあるので、
まずは、保湿を見直すことが重要だと思います。

当院ではしわ治療に、ヒアルロン酸治療を行っておりますが、
線維芽細胞を用いた治療は行っておりません。

肌の赤味状態によって治療方法が異なります。
赤あざに近い赤味であれば、レーザーを用いて治療しますが、
赤あざに効くレーザーは当院にはありません。
また、赤ら顔程度であれば、光治療機が効果があります。

アザの色、大きさ、場所によってレーザーにて取れる場合があります。
直接診察させて頂いた上での判断となります。

つかはら美容外科形成外科クリニックのページへ移動

ふくずみ形成外科からの回答

美容外科からの回答 ①切除手術かコラーゲンの注入が良いと思います。
②IPLの照射が向いています。あと、ヒアルロン酸とコラーゲンを含んだサプリメントもお勧めです。ビタミンC誘導体のローションとジェルも効果的です。
③繊維芽細胞注入法が、すぐれていると思います。
④IPLの照射かVビームが適しています。
⑤あざの色は何色でしょうか?たいていのあざは、レーザーで取れます。ただ、取れにくいものもあります。

ふくずみ形成外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]