1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

眼瞼下垂,上眼瞼切開(上まぶたのたるみ)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:男性/年代:20歳代

小さい頃から上まぶたがたるんでおり、確かに普通の一重の方とはまた違いまぶたが目尻側に垂れている感じで、目が開いてないなどとは言われてきましたが特に気にしていませんでした。

しかし上眼瞼皮膚弛緩症ではないか?と転居先の形成外科の先生(他の部位で形成外科の先生には常時お世話になってます)に指摘されて驚きました。

お医者様は私のまぶたをもちあげて「上の方も見えるでしょ?これが普通なので、視野が狭くなっている。まぶたが瞳孔にかかっているから保険適用もされるので手術したらどうか」とおっしゃっていました。

確かに視野が広がるのであれば単純に嬉しいのですが保険適用とその差がよくわかりません。

垂眼瞼下は二重まぶたにすることが一般的なようですが、上眼瞼皮膚弛緩症の場合はどうなのでしょうか?
また程度の違いはあれど、私のように目があまり開いてない友人などがすぐ数人ほど思い出せるので該当する者が相当数いると思います。
私や彼らはだいたいが上眼瞼皮膚弛緩症で出来れば治療した方が良いが余り知られていないということでしょうか。

確かに上の方の視野はありませんが、日常生活で支障が生じるかと言われれば無いと思いますし垂眼瞼下の方のように頭痛や肩こりが併発することもありませんから、そもそも視野を少しばかり広げる為に手術をするということが良いのかどうかもわかりません。

この点について、教えて頂ければと思います。



この相談に対する美容外科からの回答です

美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックからの回答

美容外科からの回答 回答させて頂きます。
先ず、眼瞼下垂には大別して神経や挙筋などが原因の先天性または後天性(事故や外傷・手術など)によるもの(真性)と、脂肪や皮膚またはそのタルミなどが原因の先天性または後天性(個体差や加齢現象など)によるもの(仮性)とがございます。前者は保険適応となることが多いですが、後者は美容目的であることが多いため自費診療となることが多いです。一概に言えませんが、一般的に前者の手術は全切開を伴い、閉眼障害や目立つ瘢痕・瞼の引き攣れなどが起こり得る挙筋短縮手術の術式になることも多く、後者では比較的リスクの少ない数ミリの切開による脱脂や特殊な挙筋法(埋没法の一種でメスを用いません)で解決することが殆どです。然しながら、医院やドクターによっては後者が原因のでも「保険適応で安くしておきますから」と言って後者(仮性眼瞼下垂)の原因の方に高リスク手術を行い、結果的に瞼の不可逆的な開閉眼障害を残すケースも見受けられます。上眼瞼皮膚弛緩症も後者の原因に分類されますので、通常は挙筋法で解決することが多いでしょう。その方が費用のみならずリスクも低く抑えられ、自然な二重ラインも実現でき、結果として頭痛や疲れ目、前額のシワも改善した方が多くいらっしゃいます。挙筋を傷めない挙筋腱膜に埋没糸をかける手術で充分だと思われますが、腫れぼったい瞼の方は脱脂を併用した方がいい場合もございます。


美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックのページへ移動

アーティスクリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは、アーティスクリニック院長の濱田です。

上眼瞼の皮膚が弛緩している場合
1)軽度の場合は切らない二重手術(埋没法・LS法等)であげてやる。
2)重度の場合皮膚の切除(二重切開法・眉毛下切除)を行う。
このような治療になります。

手術されるかどうかに関してはおっしゃるとおり日常生活においてご本人がお困りでなければその必要はないと思いますが、視野が狭い場合、しらないあいだに眉を上げる癖などが生じ、それが原因で額にシワが入りやすくなるなどの弊害が起こっている方は多く見られます。

以上でご質問の回答になりましたでしょうか。 まだわからないことなどございましたらお気軽にご相談くださいね。

それでは失礼します。

アーティスクリニック院長 濱田
0120-706-902

アーティスクリニックのページへ移動

共立美容外科・歯科 新宿本院からの回答

美容外科からの回答 お問い合わせいただきありがとうございます。共立美容外科でございます。当院では保険の取り扱いはございませんので断言は致しかねますが、眼瞼下垂で保険の適応になるかどうかの境界はひとつには、ご質問にもあるように上まぶたの縁が黒目の上1/2を隠すところまで下がっている状態が目安になりうるでしょう。他にはやはり質問にあるように視野を狭くしてしまっているという見た目以外の実害があるかどうかといったところなのではないでしょうか。
ただし頭痛や肩こりなどの合併は個人差がありますので、これらが保険適応の根拠には必ずしもならないかもしれません。いずれにいたしましても、ご本人が切実な必要性を感じておられないのであれば手術を受ける必要はないということですね。また、まぶたの皮膚のたるみを切除する場合、切った傷跡が二重のラインになることが傷をもっとも目立たなくする方策ですので、基本的に「二重にしない」という選択肢は当院では考えたことはございません。

共立美容外科・歯科 新宿本院のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
上瞼の外側が下がっているようでしたら、瞼の皮膚がかなり下がっていると言えます。
日常生活で支障がないようなら、手術の目標は「見栄え」ということになります。
また、支障がないとはいえ、手術をすると眼が見やすくなり、肩こりなども改善されることがあります。
形成外科の先生の言うように手術は保険適応になるかもしれません。ただ、手術直後はかえって眼が見開きすぎた感じになるようなことは頭に入れておいてください。

名古屋形成クリニック 院長 上敏明
TEL 052-583-7077

名古屋形成クリニックのページへ移動

ふくずみ形成外科からの回答

美容外科からの回答 お問い合わせありがとうございます。院長の吹角です。

お医者様は私のまぶたをもちあげて「上の方も見えるでしょ?これが普通なので、視野が狭くなっている。まぶたが瞳孔にかかっているから保険適用もされるので手術したらどうか」とおっしゃっていました。

→この形成外科の先生がおっしゃっておられる通りなのですが、
ご本人さんが気にされておられず、手術の必要性を感じておられ無いのなら、無理に手術されなくてもよろしいかと思います。

長い間、そのままで過ごされて来てその状態が普通になっておられるのだと思います。

あくまでも手術を受けるかどうかは、ご本人さんの判断です。
参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

吹角 善隆 拝

ふくずみ形成外科のページへ移動

タカナシクリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
タカナシクリニックです。

基本的に視野狭窄の症状がなければ保険の適応はありません。
視野狭窄の症状が出ているかどうかの判断は、瞳孔が隠れているか否かによります。

実際に拝見していないので確かではありませんが、まぶたが瞳孔かかっている様ですので、保険の適応はあると思います。

日常生活に差し障りがなければ、直ちに手術する必要はないと思いますが、一度カウンセリングにいらしたらいかがでしょうか?

タカナシクリニックのページへ移動

カリスクリニックからの回答

美容外科からの回答 手術を受けることで改善されるはずのことが、貴方ご自身として不都合が改善したと感じないのであれば手術を受ける意味はありません。

カリスクリニックのページへ移動

こまちくりにっくからの回答

美容外科からの回答 --[相談内容ここから]--------------------------------------------------

小さい頃から上まぶたがたるんでおり、確かに普通の一重の方とはまた違いまぶたが目尻側に垂れている感じで、目が開いてないなどとは言われてきましたが特に気にしていませんでした。

しかし上眼瞼皮膚弛緩症ではないか?と転居先の形成外科の先生(他の部位で形成外科の先生には常時お世話になってます)に指摘されて驚きました。

お医者様は私のまぶたをもちあげて「上の方も見えるでしょ?これが普通なので、視野が狭くなっている。まぶたが瞳孔にかかっているから保険適用もされるので手術したらどうか」とおっしゃっていました。

確かに視野が広がるのであれば単純に嬉しいのですが保険適用とその差がよくわかりません。

垂眼瞼下は二重まぶたにすることが一般的なようですが、上眼瞼皮膚弛緩症の場合はどうなのでしょうか?
また程度の違いはあれど、私のように目があまり開いてない友人などがすぐ数人ほど思い出せるので該当する者が相当数いると思います。
私や彼らはだいたいが上眼瞼皮膚弛緩症で出来れば治療した方が良いが余り知られていないということでしょうか。

確かに上の方の視野はありませんが、日常生活で支障が生じるかと言われれば無いと思いますし垂眼瞼下の方のように頭痛や肩こりが併発することもありませんから、そもそも視野を少しばかり広げる為に手術をするということが良いのかどうかもわかりません。

この点について、教えて頂ければと思います。
--[相談内容ここまで]--------------------------------------------------
保険の適応基準は都道府県や医師の判断、診療所や病院の規模などでかなり違ってきます。通常、老化による上眼瞼のタルミは保険適応外となります。先天性の異常であれば、保険が適応されることもあります。内部の筋肉(眼瞼挙筋)の異常を伴う場合は保険適応となります。
手術としては皮膚切除を行ない、新しい二重ラインを作る手術です。
もし、皮膚弛緩だけであれば、やや保険適応としては甘い判断であると思います。

こまちくりにっく 院長 土井秀明
PC用 http://www.komachi-clinic.com/
携帯用 http://www.komachi.cc/
ブログ http://ameblo.jp/dr-komachi/

こまちくりにっくのページへ移動

東京美容外科 函館院からの回答

美容外科からの回答 メールでのお問い合わせ、ありがとうございます。
東京美容外科より返信させていただきます。

眼瞼下垂についてのご相談ですね。
日常生活に支障がなければ手術をする必要はない・・・これは事実だと思います。ただここで取り上げたいのは外見・美容上の問題です。

眼の開きをよくしますと、明るい印象のお顔立ちとなり、周囲の人に与える影響も変わってきます。これは男性の場合も同様です。

当院独自の「オープンアイズ・プラスティ法」はメスを使わず、特殊な糸の掛け方をすることで、眼の開きを良くします。

当院でははじめに無料の診察を受けていただき、患者様の目元の状態や、お顔全体のバランスを見た上で、その方に適した処置法のご案内、およびデザインをさせていただきます。ご相談のみで来られる方もいらっしゃいますので、ご予約の上お気軽にご来院ください。

ご予約はフリーダイヤル:0120-658-958までどうぞ。
お待ちしております。

東京美容外科 函館院のページへ移動

[スポンサード・リンク]