美容外科一斉相談に寄せられた治療方針に関する相談と回答詳細

美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

鼻全般,隆鼻入替,隆鼻術(鼻を高く)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:30歳代

整形した鼻のプロテーゼについて。
15年ほど前に、鼻にプロテーゼを入れました。
鼻先に、毛細血管の様な青い筋が最近気になり、入れ替えなどが必要なのかと手術をした病院へ電話したところ、閉院してしまっていて、つながりませんでした。

ネットなどで、プロテーゼ(シリコン)が飛び出した画像を見て、怖くなりました。
青い毛細血管の様なものは気になりますが、赤みや白くなったり、痛みなどはありません。
皮膚に負担がかかっている場合は、どのような症状が出るのでしょうか?
痛かったり、見た目に何か症状がでるのでしょうか?
ただ、心配なあまり違和感があるような気もしてきました。
最近はこのことばかり考えてしまいます。

近くの美容整形の先生に診てもらうと、鼻先の皮膚が人よりは薄いように思うと、言われました。
手術してもらった病院が無いため、どのような厚みで、どんな形のプロテーゼ入れたのかが分かりません。
耳鼻科でのレントゲンには写りませんでした。

15年ほど前の隆鼻術においては、鼻先の合併症を避けることは行われていたのでしょうか。
福岡のフタバ美容整形外科で手術をしました。

すごく憂鬱な気分になっています。
よろしくお願いします。


この相談に対する美容外科からの回答です

百人町アルファクリニックからの回答

美容外科からの回答 隆鼻に用いるシリコンプロテーゼは皮膚の厚い日本人には比較的安全といわれ現在でも用いられていますが、10年を経過すると劣化がおこりいくつかのトラブルを引き起こします。

そのひとつがプロテーゼ上層の皮膚が薄くなること、あなたが悩まれている内容です。薄くなった皮膚は毛細血管が発達し赤くなります。感染に弱くなり、化膿することもあります。

ですからどのような形を入れたにせよ、抜去されたほうが安全だと考えてください。抜去そのものは、簡単な場合が多いのですが、ただ単に取り除くだけの手術の場合、入れたところが凹む結果になります。それをできるだけ自然な形で治めるかが、美容外科医の技術ということになります。状況によっては耳の軟骨や自分の体の組織を用いて整えます。治療する先生によって内容が異なる部分なので、自分が信頼できると判断した先生に詳しく尋ねてください。

耳鼻科のレントゲン写真は副鼻腔を見るための設定のためシリコンが移りません。事前に先生に話しておれば写っていたと思います。



百人町アルファクリニックのページへ移動

ふくずみ形成外科からの回答

美容外科からの回答 お問い合わせありがとうございます。院長の吹角です。

大きな心配はないと思いますが、いろいろなよからぬ不安が付きまとっておられるようですね。
心配を払拭させるために、大きめ病院の形成外科を受診されるとよいと思います。MRIで撮影すると、まずインプラントの状況が確認できるはずです。

九州大学医学部・形成外科が、九州では最も信頼がおける医療機関だと思います。
不安な気持ちを、信頼のおける大病院の信頼できる専門の医師に直接
ぶつけられるのが、最も確実な解決方法につながるはずです。

相談者の方の不安な気持ちが、サッと晴れることをお祈りしております。

吹角 善隆 拝

ふくずみ形成外科のページへ移動

慶友形成クリニック神戸からの回答

美容外科からの回答 一般的に皮膚に負担がかかっている状態というのは赤くなったり皮膚表面の色の変化です。お近くのクリニックで鼻先の皮膚を指摘されたのであれば薄くなっている可能性が高いのではないでしょうか。緊急性はないと思いますが、いずれは入替をするか、抜去するかの選択が必要になるではと思います。
一度、専門医にかかられているということですので、主治医の先生とよく話し合って検討されてはいかがでしょうか。

慶友形成クリニック神戸のページへ移動

医療法人社団 慶友形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 一般的に皮膚に負担がかかっている状態というのは赤くなったり皮膚表面の色の変化です。お近くのクリニックで鼻先の皮膚を指摘されたのであれば薄くなっている可能性が高いのではないでしょうか。緊急性はないと思いますが、いずれは入替をするか、抜去するかの選択が必要になるではと思います。
一度、専門医にかかられているということですので、主治医の先生とよく話し合って検討されてはいかがでしょうか。

医療法人社団 慶友形成クリニックのページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 15年前でも鼻先の合併症を防ぐように手術を行ってくれたはずです。
しかしプロテーゼという人工物を使用しているため何らかの影響が出てきたのでしょう。
でも今のところ何ら処置をしなくてもよさそうです。
異常があるとしたらプロテーゼのある部分にニキビのようなものが出てきます。そのような症状が現れたらすぐにお近くの美容外科の先生の診察を受けられることをおすすめします。

名古屋形成クリニック 院長 上敏明
TEL 052-583-7077

名古屋形成クリニックのページへ移動

東京美容外科 函館院からの回答

美容外科からの回答 メールでのお問いあわせ、ありがとうございます。
東京美容外科より返信させていただきます。

お鼻のプロテーゼOPE術後についてのご相談ですね。
メールを拝見した限り、OPEは成功しているようですし、神経質になる必要はありません。

15年前と今では、美容整形の手技は異なる部分もかなりありますが、基本的な「消毒と感染防止」の処置は行われていたはずです。もし万一感染した場合は、激しい痛みと発赤、ご本人の発熱(38度以上)といった症状が現れますが、OPE後15年もたった今ではほぼありえないでしょう。

もし「形が気に入らない」というご相談でしたら、入れ替えOPEも承っております。はじめに無料の診察を受けていただきます。ご予約・ご相談センター:0120-658-958までお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。


東京美容外科 函館院のページへ移動

カリスクリニックからの回答

美容外科からの回答 鼻先の皮膚が薄くなると、白っぽく見え、下のプロテーゼが透けるような感じや、プロテーゼの形を触れることもあるでしょう。
赤みや腫れ、痛みは炎症所見で、感染を起こしたときの症状です。
レントゲンは、普通の骨を見る設定ではプロテーゼは分かりません。
私のクリニックでは、FCR (Fuji Computed Radiography)で画像処理をすることで、プロテーゼや軟骨、皮膚、脂肪、筋肉、骨などを区別して見ることが出来ます。
鼻の場合は、側面像を撮影します。
プロテーゼの形、皮膚の厚さ、石灰化などが分かります。

カリスクリニックのページへ移動



Copyright(C)biyou-soudan.com. All Rights Reserved.