1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

上眼瞼切開(上まぶたのたるみ)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:30歳代

こんにちは。20年前と15年前に二重手術の埋没法を行いました。

最近埋没法は半永久ではないと知り、切開法の手術をする予定です。

今の埋没法でできている二重とできるだけ同じようにしていただきたいと思っています。

いろいろ調べたところ、埋没法のラインで切開すると二重の幅が広くなるという意見と、幅が狭くなるという意見があり、どちらが本当なのかわかりません。

埋没法のラインで切開すると狭くなるのなら、埋没のラインより上で切開すればよいし、埋没のラインより広くなるのなら、埋没のラインより下で切開したいと思っています。

そもそも、埋没のラインで切開すると狭くなるという意見と広くなるという意見の両方が存在することがあるのでしょうか。
先生方の見解をおきかせください。
よろしくお願いします。


この相談に対する美容外科からの回答です

横浜FCクリニック形成外科からの回答

美容外科からの回答 埋没法は、まぶたの組織をそのままで二重を作る方法です。
切開法はある特定のラインを設定したら、その位置で皮下のボリュームを減らしたり、皮膚と皮下組織を固定するような縫合を用いるなどして二重を作成する方法です。
そういう原理の違いから、埋没法と切開法ではできる二重がそもそも違うと考えています。
埋没法のラインで二重を作成するときに幅が狭くなるのか、広くなるのかはまぶたの状態と術者の術式によって色々変わると思います。
同じラインで切開しても幅広気味にすることと、幅狭気味にする事もある範囲内でしたら可能と思います。
皮下組織の切除量を調節したり、固定する高さを調節するなどで微妙な幅の違いを出すことができます。
そういうことで、どちらの傾向にも持っていけると思います。
以上、ご参考になりましたら幸いです。

横浜FCクリニック形成外科のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
切開法の二重手術でもその方法は先生により様々です。
皮膚切除、眼窩脂肪の除去、眼輪節を切除、瞼板の固定の位置など様々です。埋没法のラインで切開しても単に切開するだけだはな広くなりすぎます。皮膚切除を行うとちょうど二重になります。
あなたの希望を伝えて先生に手術の細かいことは任せた方がいいと思われます。

名古屋形成クリニック
院長 上敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

ジャパン美容外科からの回答

美容外科からの回答 埋没法は、糸で留めて、癖をつけるだけですから、実は、ほとんどの方は、数年後には糸は取れてしまっているのです。切開法でも、加齢とともに、皮下組織はゆるくなってきますし、瞼の皮膚も伸びてきますから、永久に持つ物ではありません。同じ状態を保ちたいのでしたら、いつかは再手術が必要になります。
あなたの場合、今の状態を、10年ほどキープしたいのであれば、単純に切開でいいでしょうし、15年前の状態にまで戻したいのであれば、瞼のたるみ取りの手術までしないといけません。
埋没と同じところで切開すれば、つまり、糸が留めてある真上で切開すれば、埋没と同じ幅になります。
広くなるとか、狭くなるとかは、私の経験上はありません。各医師の手術法によって、結果が異なるだけでは無いでしょうか?手術をお受けになる医師の判断に従うべきでしょう。

ジャパン美容外科のページへ移動

徳重クリニックからの回答

美容外科からの回答 埋没後の切開重瞼手術を行うと、通常は二重の幅が狭く見えます。
10年以上前の埋没法の糸は緩んでいることが多いためです。
但し、食い込みをきつくすると二重の幅は狭く見えますが、食い込みをゆるくすると二重の幅は広く見えますので、ある程度調節は可能です。

徳重クリニックのページへ移動

カリスクリニックからの回答

美容外科からの回答 鏡を見ながらピンなどで埋没法のラインを抑えてみると分かります。
ただ、注意点としては、鏡が近いと意識的に目を大きく開けることになり、その場合は実際より二重幅が狭く見えます。
また、ラインを押さえるピンを眉毛方向へ押し上げると二重幅は広くなります。
このあたりの加減は、やはり私たちのような色々な状況が分かっているものがピンでラインを押さえて、それを近すぎない鏡で確認してもらうのがよいでしょうね。
瞼の厚みが厚い場合ほど、あるいは皮膚が睫毛に被さっている場合ほど、上記状況での差が大きくなります。
後は、今の埋没法のラインの位置を含めて、細かく具体的な相談で切開法のデザインを決めることになります。

カリスクリニックのページへ移動

[スポンサード・リンク]