美容外科一斉相談に寄せられた美容施術全般に関する相談と回答詳細

美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

クマ(下眼瞼脱脂),下眼瞼切開(下まぶたのたるみ),ヒアルロン酸注入に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:男性/年代:30歳代

初めての美容整形を検討しています。
子供の頃から目の下のクマは常にあったのですが、ここ1~2年で特に目立つようになり、同時に目の下のたるみも出てきました。

クマとたるみの対策として、まずは手軽にヒアルロン酸の注入を考えていますが、下記の3パターンだとどれがよいのでしょうか?
自分でシュミレーションしましたが、どれも皮が伸びてたるみは目立たなくなる気がします。

1.ヒアルロンを目のすぐ下に注入し目袋を作ってたるみを伸ばす。
2.頬にヒアルロンを注入する。(同時に法令線も多少伸びるのでしょうか?)
3.クマのくぼみの部分にヒアルロン注射をする。

実際に症状を見てみないとお答えできない部分もあるかと思いますが、
1~3はそれぞれ可能か?費用はどの程度か?
メリットとデメリットなどをお聞きできればと思います。



この相談に対する美容外科からの回答です

Renovate 品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 はじめまして。品川美容外科銀座院 院長の村井です。
目の下のタルミ症状の治療を検討なさっていらっしゃるようですね。

ご提示のヒアルロン酸注入による方法は、ケースバイケースではありますが、デメリットで目の下の薄い皮膚への注入により青黒い皮膚色になる事がありますが、涙袋形成・ホホの張り感・法令線を浅くするなどメリットは大きいものと考えます。
(ただ、お客様の求めるものに合致するかどうかはもちろんありますが・・・)

私どもの考える目の下の治療は、
・手術…切開してタルミを取り除くものから、まぶたの裏より脂肪を除去してふくらみを改善させるもの
・レーザー…高周波やIPLにより引き締めを行う
・ヒアルロン酸注入…凹みをふくらませる
・セルリバイブ療法…グロスファクターを加えたW-PRPによるハリ感の上昇
・脂肪注入…凹みをふくらませる、皮膚の色をよくする

などなど多岐にわたりますが、それぞれメリット・デメリットがあり、お客様お一人おひとりで効果も異なるものとなり、一概にこの方法で必ず良くできるという法則めいたものはございません。

まずは診察・カウンセリングをお受けになることで、ご要望に合わせた治療法を提案できるのではないかと思います。

少し煮え切らない回答になりますが、方法によっては期待を裏切る結果となるものもあり、その方に合った治療方針を立てることが宜しいのではないでしょうか?・・と思いますよ。

Renovate 品川美容外科 銀座院のページへ移動

百人町アルファクリニックからの回答

美容外科からの回答 先にメリットとデメリットを書きます

1.ヒアルロンを目のすぐ下に注入し目袋を作ってたるみを伸ばす。

涙袋近くのちりめん皺にはある効果的ですが、目袋は思っているほど自然ではありません。若い女性には人気ですが、化粧が前提のようなきがします。

2.頬にヒアルロンを注入する。(同時に法令線も多少伸びるのでしょうか?)
頬を引っ張るわけではないので、ヒアルロン酸は弛みを改善しません。法令線を治すのであれば直接法令線に注射するのが良いと思います。頬は効果があると思います。

3.クマのくぼみの部分にヒアルロン注射をする。
これはメリットのほうが多いでしょう。但し、3-6ヶ月で元に戻ります。
※ヒアルロン酸は1本単位で購入するか、1mlで金額を決める施設に分かれます。ですから頬への注射がもっともコストがかかると思います。金額は施設により異なるので直接行って確認するほうが正確です。

百人町アルファクリニックのページへ移動

ふくずみ形成外科からの回答

美容外科からの回答 お問い合わせありがとうございます。院長の吹角です。

初めての美容整形を検討しています。
子供の頃から目の下のクマは常にあったのですが、ここ1?2年で特に目立つようになり、同時に目の下のたるみも出てきました。

クマとたるみの対策として、まずは手軽にヒアルロン酸の注入を考えていますが、下記の3パターンだとどれがよいのでしょうか?
自分でシュミレーションしましたが、どれも皮が伸びてたるみは目立たなくなる気がします。

1.ヒアルロンを目のすぐ下に注入し目袋を作ってたるみを伸ばす。

→目袋を作ったからと言って、たるみを伸ばすほどの効果は望めないと思います。理由は、皮膚には弾力性があって伸びるからです。

2.頬にヒアルロンを注入する。(同時に法令線も多少伸びるのでしょうか?)

→上記同じ理由で、大きな効果は望めないと思います。
ほとんど効果がないと言っても差支えないと思います。

3.クマのくぼみの部分にヒアルロン注射をする。

→十分効果が期待できると思います。
費用は、63,000円(税別)~です。

実際に症状を見てみないとお答えできない部分もあるかと思いますが、
1?3はそれぞれ可能か?費用はどの程度か?
メリットとデメリットなどをお聞きできればと思います。

→それ以外に、脂肪注入という良い方法がございます。
コンデンス・リッチ・ファットという最新治療です。

これまでの脂肪注入という概念を一新する素晴らしい方法です。
髪の毛ほどの極細の注射針で目の下のくぼみも自然な仕上がりが可能です。
脂肪移植ですから、生着率は80~90%、効果は10年~20年持続します。こちらの治療は、両側下まぶたで35万円(税別)~となっております。

相談者の方の治療が、順調に進みますことをお祈りしております。

吹角 善隆 拝




ふくずみ形成外科のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは
眼の下のたるみへ手軽にヒアルロン酸の注入をするのは考えものです・・・。時に思わぬしこり等ができることがあります。
まずは眼の下の膨らみ、たるみに対し治療をしてもらった方がいいでしょう。

名古屋形成クリニック
院長 上敏明
TEL 052-583-7077

名古屋形成クリニックのページへ移動

銀座みゆき通り美容外科からの回答

美容外科からの回答 銀座みゆき通り美容外科院長の水谷と申します。
当院は目の下のくま・たるみを切らずに完治させる手術を専門にしております。
専門ウェブサイトがございますので、よろしければこちらをご覧ください。
http://www.orbaden.com/
http://www.bluejay.jp/

さて、この度のご質問のお答えですが、ヒアルロン酸注入のみで改善を狙うのなら、3番の方法です。3番に加えて2番を頬上のほうに行うのなら効果をよりアップさせることができます。
1,2番単独では改善しません。

しかし3番の方法も、すでに目の下がたるんで膨れているケースでは、くぼみが埋まることで目の下全体が膨れたようになりますので、くまは消えるかも知れませんが見た目が良くありません。
たるみ(膨らみ)を減らして、同時に窪みを埋めるという組み合わせ治療が必要です。

たるみ(膨らみ)を減らすには、まぶたの裏側から目の下の脂肪を除去する経結膜脱脂法が効果的です。皮膚を切らないために傷跡の心配がなく治療を受けることができます。
ただ経結膜脱脂法だけですと、たるみ(膨らみ)は減っても、窪みの影がすべて消えるわけではありません。
くぼみの影を消して完治させるためには、この部分への注入治療が必要です。

注入するものですが、ご希望するヒアルロン酸は手軽で良く使用される素材です。ほうれい線など皮膚が厚みがある部位へ注入する場合はヒアルロン酸は大変効果的で仕上がりも自然です。
ところが目の下は少し様子が違います。
ヒアルロン酸は注入後に浮腫んで膨れる性質があります。通常ですとこの効果も相まって、注入部分がふっくら仕上がって具合がいいのですが、目の下は非常に皮膚が薄いために、いくら上手に注入したとしても、注入した部分がしばらく経ってからたるんだように不自然に膨らんでくることが良くあります。またヒアルロン酸は透明な注入剤ですが、これを目の下の薄い皮膚の下に注入すると、皮膚色が青黒く変色したように見える場合があります。
こうしたトラブルを経験したことがない医師は安易に目の下にヒアルロン酸を注入しますが、トラブルを経験したことがある医師は、これを避けるために目の下の皮膚の浅い部分ではなく深い部分に注入したり、控えめな量を注入してトラブルを回避しようとします。しかしその結果、トラブルは回避できても、肝心の効果が物足りません。しかも1年も持続せずに元に戻ってしまい、また治療の繰り返しです。

私もこうしたジレンマを以前は抱えており、何か良い方法がないものかと試行錯誤した結果、経結膜脱脂法と、目の下の窪み部分への脂肪注入法を併用して行っています。
目の下の薄い皮膚の下の脂肪注入を行うのは、慣れていない医師にとってはとても難易度が高いもので敬遠される場合が多いのですが、当院はこの治療に特化しており、年間500例以上の治療を5年以上にわたりコンスタントに行い続けておりますので、手術法をマスターしています。
ヒアルロン酸とは違い、仕上がりは極めて滑らかであり、感触も自然で、皮膚色の変色もありません。効果も永続的なので、治療の繰り返しが不要です。

当院で採用している方法以外では、PRP(自分の血液から取り出した血小板を濃縮したもの)に成長因子製剤(グロースファクター製剤)を混ぜたものを注入する、セルリバイブジータ(プレミアムPRP)という方法も効果的で、効能も数年程度の持続性があります。しかし脂肪注入と違い、上手な慣れた医師がおこなった場合でもご本人様の体質などによって治療効果に個人差があります。
治療効果の不足なら追加注入すればいいところですが、過剰に効果が出た場合にはヒアルロン酸の場合と同様に注入部分が膨らんで不自然になる場合があり、消えるまでに数年かかるためにリスクがあります。
このため当院ではこの方法は採用しておりません。

銀座みゆき通り美容外科のページへ移動

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 目の下のクマの解消にヒアルロン酸注入が奏功するケースは少ないと考えます。
唯一効果があるとすれば、眼窩脂肪の突出が少なくクマのラインを打ち消したい場合にライン上に注入する手法でしょう。
これもやりすぎると逆にたるんで見えます。
以上、簡単ですが回答とさせてください。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動



Copyright(C)biyou-soudan.com. All Rights Reserved.