1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

目全般に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:20歳代

二重まぶた・抜糸法(ビーズ法と書かれていました)を9月1日にしました。
瞼がやや厚い方です。

埋没法は大体5年くらいで幅がせまくなったのと、片目は目頭がとれてしまったので、今度は抜糸法を選択しました。

施術から20日経過し、抜糸後から数えて10日経過しましたが、腫れがだいぶ引きました。
幅も狭くなってきて、本当に自然な仕上がりで大満足です。

しかし、以前のように再び幅が狭くなってしまうのがとても不安です。

また、二重が取れてしまったという体験談もインターネットで調べるとあるみたいですが、そんなことがあるのでしょうか?

取れるときは、いきなり一重になるのでしょうか?
だんだんたるんできて奥二重のような感じになりますか?

できればしっかりと幅が維持できる施術を希望しています。
先生方のご意見を是非お伺いしたいと思います。


この相談に対する美容外科からの回答です

山本クリニックからの回答

美容外科からの回答 ご心配なことと存じます。


一般論からお話致します。

抜糸法(ビーズ法)は埋没法が開発される前の方法なのですね。


ビーズは普通は結ぶ糸に1箇所につき2個通します。
透明のビーズです。


そして、
1週間固定して癒着させる方法なので取れにくいのですね。

今現在は、
美容外科では、やってる病院自体が少ないでしょう。

この方法の「ルーツ」は
眼科などで「逆さまつげ」の治療として行われる手法
なのですね。



抜糸法(ビーズ法)は埋没法が開発される前の方法・・
は、おぼえておかれるとよろしいと存じます。





取れにくいというメリットの他には、
あたりまえではありますが、
抜糸するため糸は残らないという点でしょうか。





山本クリニックのページへ移動

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 幅が狭くなるということは、だんだんと固定していたが外れてきた、取れてきた、ということと同じことです。抜糸法というやり方の具体的な内容はわかりませんが、糸を使った重瞼術である限り、絶対にとれないということはなく、方法によって確率は異なると思いますが、とれる可能性は必ずあります。どうしてもとれる方はやはり切開法を受けて頂いた方が良いかと思います。厚ぼったいまぶたをした方であれば、むしろ切開法の方が自然な仕上がりが得られます。

みきクリニック宮崎のページへ移動

Renovate 品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 ご質問ありがとうございます。

埋没法による二重は戻る可能性もあるかと思います。
その場合はm徐々に幅が狭くなることもあれば、何かをきっかけに突然ということも考えられます。

一般的に切開法であれば半永久的ともいわれますが、この場合も戻る可能性はゼロではないと考えます。
今回の施術で良好な経過が得られているのであれば、あまり気になさらず経過をみて頂ければと思います。

Renovate 品川美容外科 銀座院のページへ移動

美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックからの回答

美容外科からの回答 この度はお問い合わせ頂きまして、誠に有難うございます。御質問に可能な限りお応え致します。当院ではビーズ法での施術は行なっておりません。また、一度診察させていただかなければ、具体的な処置は申し上げ難いのですが、二重瞼の手術を受けられた後にラインが喪失は、千差万別で一概にどのように取れるとはいうことができません。また、要因は、いくつかあります。例えば、よく泣く・目をこすることが多い・花粉症である・コンタクトレンズをしている・目がむくみやすい体質である等です。しかし、それらの要因を踏まえて当院で高級埋没専用糸マニーを使用し、片瞼あたり2針4点固定を施すと4.5年(平均2.5年)の経過の中でライン持続率は98.8%という結果がでました。殆どの場合、3針6点固定や全切開は不要だということが判りました。パッチリ二重を実現しながら、切開を必要とせず上眼瞼挙筋を痛めることなしに、眼瞼下垂を改善にもなり手術後にラインが喪失しにくく、たった1~2本の糸で瞼の開眼度を立体的にデザインしてご本人の理想に合わせる究極の職人技術、新挙筋法を行なっています。宜しければ無料カウンセリングにお越しください。

美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックのページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
二重瞼というものは瞼の皮膚と瞼板(軟骨のようなもの)との癒着があることによりできるのです。
一番弱いものが糸で固定する方法です。次にビーズ法です。
最も癒着が強いのが切開法です。どんな方法でも手術後3カ月以内くらいに強く瞼の皮膚を引っ張るととれることがあります。
二重がとれる時にはいきなり一重になることもありますし、癒着が部分的に残っているようなら不自然なラインになることもあります。


名古屋形成クリニック
かみ形成外科
院長 上敏明
TEL 052-583-7077

名古屋形成クリニックのページへ移動

[スポンサード・リンク]