1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

埋没法に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:30歳代

ご回答宜しくお願いしますm(_ _)m
当方30代女、過去2回埋没経験有りです。

2回共6年程持ち、最近ラインが消失気味で切開か再度の埋没かで二件美容外科にカウンセリングに行きました。
一件目では、埋没は二回までが限度と全切開を勧められ、もう一件では将来瞼がもっとたるんだ時に切開すべき、埋没なら三回まで出来るので、再度埋没で様子を見れば良いのではとアドバイス頂きました。

どちらにすべきかとても迷っています。確かに切開はたるみが出てきてから・・・とも思いますし、三度も埋没をして瞼に糸がたまってゆくのも心配です。
又二回目の埋没のラインが完全に消えていない状態で更に埋没を重ねるとラインが綺麗に作れないのではとの心配もあり、混乱しています。

ご意見をお聞かせください。お忙しい中とは存じますが宜しくお願いします。


この相談に対する美容外科からの回答です

美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックからの回答

美容外科からの回答 この度はお問い合わせ頂きまして、誠に有難うございます。一度診察させていただかないと具体的な方法は申し上げ難いのですが、埋没法のラインが2度消失されているようですね。Kunoクリニックではパッチリ二重を実現しながら、切開を必要とせず上眼瞼挙筋を痛めることなしに、手術後にラインが消失しにくく、たった1~2本の糸で瞼の開眼度を立体的にデザインしてご本人の理想に合わせる究極の職人技術、新挙筋法をおこなっています。Kunoクリニックでは、過去に全切開を勧められた方が、新挙筋法2針4点固定もしくは脱脂などを併用した方法で修正できた症例がございます。また高級埋没専用糸MANI(マニー)を使用し、片瞼あたり2針4点固定を施すとライン持続率は開業以来5年経過しても98.8%という結果がでております。ほとんどの場合、全切開は不要だということが判りました。詳細は下記サイトを御覧ください。
新挙筋法紹介ページ
http://levator.eye.k-biyou.com/

宜しければ無料カウンセリングにお越しください。スタッフ一同ご来院を心よりお待ちしております。

美容整形デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック
無料カウンセリング予約:0120-874-432(フリーダイヤル はなしと診察)

美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニックのページへ移動

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 結論から言いますと、どちらとも言いがたいです。
安全性や年齢のことを考えますと、もう一度埋没で試したいところですね。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答 ご心配なことと存じます。
「上眼嶮」は精密機械とおなじく、
眼は口ほどにものをいう器官です。

何回も「メス」を入れないほうがよいです。
冷静になられてお考え頂けますか。

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
で施術をされるのがよろしいです。

よく、フラクショナル*というレーザー治療方*(
昔はフラクセルと呼称いたしました)のレーザー光源に
炭酸ガスレーザーを用いる事例があります。

これは、術後合併症で、「瘢痕:はんこん」+色素沈着事例が多く
御注意下さい(かならず施術のときにいわれます)。
=>
裁判沙汰が多いです。

これをおこさないために、出力をあげない
([レーザー治療]にならない)「御施設」もあるくらいです。





山本クリニック 世田谷 美容外科形成外科
住所 〒157-0062 東京都 世田谷区 南烏山 3-23-1(せたがやく みなみからすやま)

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html/
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
電話03-3300-1126 FAX03-3300-3388

山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。

過去2回埋没をして、取れてしまったのでは3回目も取れる可能性が高いでしょう。
切開をお勧めします。
切開でも腫れは思ったよりひどくない人もいます。
血圧の低い人に腫れが長引くことがありますが、ちゃんとひいてきます。


かみ形成外科
名古屋形成クリニック
院長   上敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 3回目の埋没法だからうまくラインができないと言うことはないと思います。ですが、もう2回やって駄目だったのだから切開した方が良い、というのも正しいと思います。従って、両者の意見はどちらも正しいと言うことができると思いますので、腫れのことなどを考えてご自分で決定すべきかと思います。

みきクリニック宮崎のページへ移動

芦屋アイクリニック 神戸芦屋院からの回答

美容外科からの回答 初めまして。美容部門CEOの有年です。

目元のご相談ですね。相談者様は過去2回の施術で抜糸をされた事は無いという事でしょうか。
一般的に何度目であっても埋没法は可能です。只、何本も瞼に糸は溜まっていると瞼に負担がかかる事もありますし、糸が取れた原因が何かによっては埋没法よりも切開法でされた方が良い場合もございますね。

ラインに関してですが切開法で作るラインが前回の埋没法で留めた部分と重なる場合は抜糸が必要な事もございますが、原則はそのままでも問題ないですよ。
抜糸を行っていない埋没法の場合は、二重のラインが3重、4重になる可能性もございますので、可能であれば抜糸を合わせて行う方が良いでしょう。

当院では相談者様のケースのような修正施術を数多く行っておりますので、少しでもお力になれればと思います。




芦屋アイクリニック 神戸芦屋院のページへ移動

芦屋アイクリニック 神戸芦屋院からの回答

美容外科からの回答 初めまして。美容部門CEOの有年です。

目元のご相談ですね。相談者様は過去2回の施術で抜糸をされた事は無いという事でしょうか。
一般的に何度目であっても埋没法は可能です。只、何本も瞼に糸は溜まっていると瞼に負担がかかる事もありますし、糸が取れた原因が何かによっては埋没法よりも切開法でされた方が良い場合もございますね。

ラインに関してですが切開法で作るラインが前回の埋没法で留めた部分と重なる場合は抜糸が必要な事もございますが、原則はそのままでも問題ないですよ。
抜糸を行っていない埋没法の場合は、二重のラインが3重、4重になる可能性もございますので、可能であれば抜糸を合わせて行う方が良いでしょう。

当院では相談者様のケースのような修正施術を数多く行っておりますので、少しでもお力になれればと思います。




芦屋アイクリニック 神戸芦屋院のページへ移動

こまちくりにっくからの回答

美容外科からの回答 --[相談内容ここから]--------------------------------------------------

ご回答宜しくお願いしますm(_ _)m
当方30代女、過去2回埋没経験有りです。

2回共6年程持ち、最近ラインが消失気味で切開か再度の埋没かで二件美容外科にカウンセリングに行きました。
一件目では、埋没は二回までが限度と全切開を勧められ、もう一件では将来瞼がもっとたるんだ時に切開すべき、埋没なら三回まで出来るので、再度埋没で様子を見れば良いのではとアドバイス頂きました。

どちらにすべきかとても迷っています。確かに切開はたるみが出てきてから・・・とも思いますし、三度も埋没をして瞼に糸がたまってゆくのも心配です。
又二回目の埋没のラインが完全に消えていない状態で更に埋没を重ねるとラインが綺麗に作れないのではとの心配もあり、混乱しています。

ご意見をお聞かせください。お忙しい中とは存じますが宜しくお願いします。

--[相談内容ここまで]--------------------------------------------------
何回までと言うことはないのですが、出来ればそろそろ切開を考えたい時期ですね。タルミが出たらまたタルミ取りとなるでしょうが。タルミとは別問題ではないでしょうか?
今のラインが残っていても切開であれば問題有りません。

こまちくりにっく
美容外科・形成外科・皮膚科:大阪
院長 土井 秀明
http://www.komachi.cc/(携帯用)
http://www.komachi-clinic.com/(PC用)
http://ameblo.jp/dr-komachi/(院長ブログ)
06-6881-2595


こまちくりにっくのページへ移動

[スポンサード・リンク]