1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

瘢痕形成(傷痕)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:無選択

小学生の頃たんすの角に眉を強くぶつけてしまい十分な治療をしないまま放置していました。

それから何年かたったときにちょうど眉山の所がへこんでいるなと気になり始めました。

正面から見ると普通なんですけど横から見たり光の当たりかたでへこんでいる部分が凄く目立つんです。

何か治療法はありますか?よろしくお願いします。


この相談に対する美容外科からの回答です

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 表面に傷があるかないかで方法は変わってきますので、形成外科専門医がいる総合病院などを受診されては如何でしょうか。

みきクリニック宮崎のページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答
これはさぞかし御心配であろうと存じます。

「眉山」という、「御顔」の「部位」はありません。

眉間(みけん)で、「部位」はよろしいでしょうか。

まず、「御相談者」はこのきずに、「絶対メスはいれない」でください。


さて、
陥没痕として考えれば、

「ヒアルロン酸注入」などの詰めものは、いずれ消えてしまいます。

だから、眉間の陥没痕が、あきらかであれば、
「根治療法」的には、

「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」
という、「Qスイッチレーザー光照射装置」を、
用いる方法がよろしいでしょう。


エネルギー密度は、「1ショット」で
「QNdYAGlaser」の場合、「太陽表面」の20倍という、エネルギーです。
(「レーザーの本」小林 春洋 日刊工業新聞社:2010)

けれども、まったく
赤くなりません・腫れません・痛くありません。御婦人であれば「レーザー光照射」
直後から「メイク」が可能で御座います。




「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=「レーザー・リサーフエシング」

を、そのままコピー・ペーストされて
google検索をされてみてください。


綺麗に治したいですね。




山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
山本クリニック 山本博昭(やまもと ひろあき)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html/
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp







山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 品川美容外科 銀座院の佐野です。
タンスの角にぶつけての凹み具合は
骨のすぐ上まで達していた可能性が高いですね。

皮膚の下に固くしこりを触れていませんか?

外科的に綺麗にするよりも、ヒアルロン酸などで立体的に全体を持ち上げてあげた方が仕上がりが綺麗になりますよ。

一度相談してみてくださいね。

品川美容外科 銀座院のページへ移動

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 おそらく、表情筋の断裂や挫滅が原因だろうと思われます。
根本治療は筋肉の再建ですが、姑息的にはヒアルロン酸注入などが
手軽で結果もよいです。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
凹みの程度によりコラーゲンの注射効果があることがあります。お近くの美容外科の先生に相談してください。

名古屋形成クリニック
院長 上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 くぼんだ傷跡のご相談ですね。
傷の幅が狭いようでしたらフラクショナルレーザーやダーマローラーなどで傷跡とその周囲に微細な傷を作り創傷治癒過程で皮膚をしっかり作り変えると徐々に目立たなくなっていきます。ただし、治療としては1か月に1回4、5回は行う必要があります。
そのほかにはヒアルロン酸注入もあります。しかし、6か月ぐらいで吸収されるので繰り返し注入しなければなりません。
1回で治したい場合に外科的に傷跡修正をすることも可能です。傷の部分を切除して縫い直す方法ですが、再度陥没しないようにジグザグ(W形成)を入れるのが良いかもしれません。

松下皮フ形成外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]