1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

瘢痕形成(傷痕)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:30歳代

一年半前、子どもが八ヶ月のころラーメンをひっくり返し火傷を負わせてしまいました。現在二歳の女の子です。

お腹にバンソウコウを貼ったような形と大きさの平だが色素が薄い白い皮膚

右太もも前面、ビキニラインに沿って短パンを履けば隠れるくらいの範囲だが、色はまだら、凹凸もある。

このような状態です。

ヒルドイドを塗ってどこまで薄くなるかを見てきましたが限界のようで、やはり目立ちます。女の子なので何とかしてやりたいです。

どのように治療をすれば一番目立たなくなるのか、そのためにはどの病院へ通院すればよいのか悩んでおります。

宜しくお願い致します。


この相談に対する美容外科からの回答です

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 2度以上の深達度の熱傷瘢痕のようですね。
完全に元の状態戻すことは難しいかもしれませんが、凹凸や色調の改善でしたらレーザー治療で可能です。
当クリニックではフラクショナルタイプのレーザーやヤグレーザーなどの併用で良い結果を出しておりますので、気軽にご相談ください。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動

こまちくりにっくからの回答

美容外科からの回答 ヒルドイドは残念ながら効果がないでしょうね。白いのはやや深い熱傷ですので、メラニン細胞がダメージを受けている証拠です。ゆっくりと経過を見ていき、どうしても残るようであれば、吸引水疱蓋移植という表皮移植が行われる場合もあります。
まずは形成外科専門医の診察をお勧めします。できれば、形成外科専門医と熱傷専門医を持っておられる先生が良いでしょう。形成外科学会と熱傷学会のHPで検索ができます。

こまちくりにっく 院長 土井秀明
PC用 http://www.komachi-clinic.com/
携帯用 http://www.komachi.cc/
ブログ http://ameblo.jp/dr-komachi/



こまちくりにっくのページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答
「御相談」有難うございます。
山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
山本クリニック 山本博昭(やまもと ひろあき)です。
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp




これはさぞかし御心配であろうと存じます。




おおむね、1年半前に、今現在「2歳」の御嬢様に、

「真皮熱傷」=「dermal burn] =第2度熱傷の
「真皮深層熱傷」=「deep dermal burn:DDB」まで、おこされたようですね。


今現在、慢性期でいらっしゃいます。


この「病態」の解決には、「小児科専門医先生」の知恵も必要です。

まずは、
大学病院の形成外科を、「やけど」は「熱傷」=「burn:バーン」として、
「御受診」されるのが、よろしいと今の私は考えます。



綺麗に治したいですね。

山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。
ひきつれがあれば直ちに処置をしなければなりません。
そうでなければ気長に治療して下さい。
形成外科の専門医の診察を受けるといいでしょう。

名古屋形成クリニック
かみ形成外科
院長  上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 ご質問ありがとうございます。

愛娘の火傷跡に心を悩まされていること、心中察してやまないのですが、現在あまり積極的な治療は2歳という年齢からおすすめしにくいと思います。

品川美容外科 銀座院のページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 熱湯によるやけど後についてですが、まず、状態からすると2度浅達性熱傷(2週間ぐらいで治る)だったのかと思います。
現在、色が抜けているということですが年単位で考えればもう少し目立たなくなってくる可能性はあります。ただし、まだ、色が改善されない場合はPUVA療法(紫外線照射)があります。これは白斑症で皮膚科の先生が行う方法になるので、少し大きい施設であれば機器を持っていると思います。ヒルドイドはあくまで保湿効果のみなので色が改善されることはありませんが、受傷部位の乾燥を防ぐことは良いので続けてください。
受診する科としてはまずは形成外科が良いでしょう。

松下皮フ形成外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]