1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

目全般に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:10歳代

私は学生なんですが、
左右の目の大きさが違います。

元々両方二重なんですが、いつからか右目がひとえにくせがついてしまいました。それを二重のりで二重にすると右目の方が大きくなってしまいます。すごく違和感です。

左目の二重幅を広げようとしても大きさは変わらず、必ずしも右目が大きくなってしまいます。
化粧品でもどうしようもならないなと思いました。
でも手術するのはとても怖いです。


この相談に対する美容外科からの回答です

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 手術的に処置すればきっと良くなると思いますから、勇気を出して形成外科、美容外科を受診してください。

みきクリニック宮崎のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。

人間の顔は左右対称ではありません。
あまり左右が違うようでしたら手術が必要でしょう。

かみ形成外科
名古屋形成クリニック
院長   上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

タカナシクリニックからの回答

美容外科からの回答
こんにちは

メイクで治せないものに関しては、プチ整形程度は必要になるかもしれません。

状態を見ていないので正確な事は言えませんが、左右の目の大きさの違いは筋肉の緩みによる場合も考えられます。
もし筋肉の緩みならば、目の開きを良くする手術が必要です。(眼瞼下垂)

二重の幅を左右差の内容にするなら、糸で二重にする方法もあります。(埋没法)ただ、埋没法は向く向かないや限界があります。


目の状態により方法が変わりますので、宜しければカウンセリングにいらして下さい。

タカナシクリニックのページへ移動

品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 二重の手術は10代の方であれば、
ほとんど埋没法のみで治療可能です。
勇気が出ましたら、ぜひご相談くださいませ。

品川美容外科 銀座院のページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 ご質問に対する答えが難しいところですが、まずアイプチなどはあまり使用しないほうが良いのではと思います。長期間使っていると皮膚がかぶれ、硬くなったりしますのでお気を付けください。
左に合わせて右を整えるのであれば、埋没法を行うのが選択肢の一つになります。手術ということになりますが、長期間アイプチを使用するよりは良いと考えます。


松下皮フ形成外科のページへ移動

四谷見附クリニックからの回答

美容外科からの回答 実際の状態を拝見しなければ確実なことはいえませんが、右目が眼瞼下垂(がんけんかすい)となってきているのか、単純に二重が外れて一重になったことでまぶたの皮膚がまつ毛に乗ってしまい外見的に目が小さく見えてしまう状態かと思います。
いずれにしても気になるようであれば、眼瞼下垂の有無を調べるために一度形成外科を受診することをお勧めします。

※眼瞼下垂については当院ホームページでも詳しく説明させて頂いておりますので参考にしてみて下さい。

四谷見附クリニックのページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答
こんにちわ。
山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
山本クリニック 山本博昭(やまもと ひろあき)
です。
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp


これはさぞかし御心配であろうと存じます。

御相談者の御相談内容からは、
御相談者には「肩こり・頸こり・背中こり」がありませんか。

[緊張型頭痛]=tension headacheあるいはtennsion-type headache

という「肩こり」の「病態」があります。


[緊張型頭痛]=tension headacheあるいはtennsion-type headache
があると、droopy eye (たれまぶた)あるいはtension eyelid(はれまぶた)*

の「症状・症候」がきます。
(*本邦では、これを、「仮性眼嶮下垂」とよぶ「風習」があります)


左が「つらいことが多いです。

「ふわふわ感」「くらくら感」にともない、
くることがしられています。

「欧米」では15年前から「論文報告」されています。


御相談者の御相談内容からは、左「上眼嶮」が、「おもたい」のでは
ないでしょうか。

しっかり治されるためには。「機能性末梢神経障害」にお強い「脳神経外科専門医先生」或は
「ペインクリニック専門医先生」を「御受診」されるのが、
よろしいと今の私は考えます。

ただし
但し「脳神経外科専門医先生」或は「ペインクリニック専門医先生」でも
「機能性末梢神経障害」に苦手な先生もいらっしゃいます。
全く「病態名称」すらちんぷんかんぷんなこともあります。



このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。

手術はする必要はないと思います。

山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]