1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:無選択

8ヶ月の女の子の親です。

2ヶ月程前にBCGの予防接種の副反応により、結核疹になってしまい、顔に沢山2、3ミリ程の大きさのクレーター状の跡が残ってしまいました。

成長と共に少しは目立たなくなることもあるかもしれませんが、治療することは可能なのでしょうか?
また、何才くらいから治療できますか?

よろしくお願い致します。


この相談に対する美容外科からの回答です

タカナシクリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは

早速ですが、傷痕を目立たなくするには、レーザーや注射といった方法があります。
しかし、痛みを伴う治療であり、本人の希望が強く自制がきく、小学校高学年になってからが良いのではないかと思います。

また跡が深くなければ、成長と共に目立たなくなる可能性もありますので、女の子だと余計不安ではあると思いますが、ことを急がない方が良いのではないかと思います。

また何かありましたらご相談ください。

タカナシクリニックのページへ移動

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 クレーター状の傷跡でしたら、フラクショナルレーザーが一番適しています。開始時期は若年の方が回復しますが、痛み対策を考えますと中学生以降がよいと思われます。
ご家族の考え方次第というところです。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 今、何かをするのではなく、しばらくは経過を見るべきかと思います。瘢痕は消失しないと思いますが、時間が経てばほとんど目立たなくなる可能性はあると思います。あわててレーザーを当てたり、外用を行ったりすべきではないと思います。

みきクリニック宮崎のページへ移動

品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 具体的にに何歳からというのはございませんが、
御本人が治療を希望されることが優先されると思いますよ。

ただ、幼少期の成長過程でかなり改善してしまう可能性もありますので、ある程度成長を見守る事をおすすめします。

品川美容外科 銀座院のページへ移動

さやか美容クリニック・町田からの回答

美容外科からの回答 こんにちは、さやか美容クリニックの院長の皆木靖紀と申します。
お子様のBCG跡のご相談ですよね。
極希ですが、BCG後にクレーター状になることがあります。
しかし時間の経過とともにクレーターが少しずつ浅くなってくることもあります。ご心配と思いますが、現段階では様子を見ることが良いと思います。
また治療に関してですが、美容医療の進歩とともに様々な治療法があります。しかし治療は痛みを伴ったり、麻酔を必要とする治療もあります。
「治療したい」という意思がはっきりしてくる小学校高学年、またわ中学生以降になってから治療することをオススメします。

さやか美容クリニック・町田のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。
お問い合わせの件ですが、
クレーター状のへこみとなって、すぐは治療しないほうがいいでしょう。半年くらいの間にもう少し浅くなってくるはずです。その後に治療を考えてください。
治療は局所麻酔に我慢のできる10歳以降がいいかもしれません。
ひどいへこみで目立つようなら、1~2年の間に全身麻酔をかけて治療することもあります。

名古屋形成クリニックのページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 クレーター状のへこみを治すのはなかなか難しいものです。
現在様々なレーザーがありますが、ある程度は目立たなくなるとしても複数回行ってもなかなか満足いく結果にならないことが多いと思われます。
そのほかに、外科的な方法として2、3ミリの傷を縮めるならばへこんだ部分を一度くりぬき巾着状に縫合する方法もあります。多血小板血漿注入などもありますがなかなか皮膚が持ち上がるものではありません。
いずれにせよ、まだ、お子さんが小さいようなので中学生ぐらいになってから治療を考慮されるのが良いでしょう。診察でしたらいつでも可能なので、いつでもご相談にいらしてください。

松下皮フ形成外科のページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答 こんにちわ。初めまして。
「BCGの予防接種の副反応により、結核疹」でお顔に御嬢様
がクレーター状皮疹との事です。

本当に本当に本当に・・。
「御母様」の御心中お察し申し上げます

今現在の8か月の御年齢と2ヶ月程前のBCG接種では
今現在は経過観察をすべきです。

「乳幼児期」には、
朝あった傷が夕方には薄くなるぐらい
皮膚の再生能力が高いのではないかと思うことがあります。
一方では
いつもがさがさしていたりひび割れていたり、
あるいはブツブツと発疹が出たり、お母さんたちの心配の種
はつきません。

今現在は、皮膚の再生能力が高い「乳幼児期」の「皮膚」
に、よる、自然修復に「治療戦略」をゆだねたほうが
よろしいです。
如何でしょう。


御嬢様が、お化粧もいざといなったら可能で、
お肌の管理ができる時期になったら、まだ、「傷痕」として
のこっているものがあれば、改めて「治療戦略」を考えるのが
よろしいでしょう。


複数の「クレーター状皮疹」に関して、
「laser rejuvenation:レーザー・リジュビネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」
による傷跡レーザー治療をかんがえられるのが一番かと存じます。


今現在は、皮膚の再生能力が高い「乳幼児期」の「皮膚」
に、よる、自然修復に「治療戦略」をゆだねたほうがよろしいです。




山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
山本 博昭(やまもと ひろあき)
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp






山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]