1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「美容施術全般」

若返り全般,幹細胞移植,PRP再生医療,線維芽細胞注入,シワ治療全般,ヒアルロン酸注入に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:美容施術全般/性別:女性/年代:30歳代

ほうれい線と口の横のシワたるみが気になっています。

顔の脂肪が少なくて柔らかく、皮膚が薄いタイプなので、サーマクールが効果的だと勧められましたが、効果が切れた時に余計にたるむ場合もあるとの話を聞き、注入での対処を検討しています。

ヒアルロン酸は過去に経験があるのですが、持ちが悪く、マメに通わなければいけないので、PRPやFGFの注入を考えています。
ですが、PRPやFGFは医師によっては膨らみ過ぎてしまうなど、かなり失敗率が高いとも聞いたので、いまいち踏み切れません。

1~2年くらいの持続性があり、確実に効果を実感出来る注入美容があればアドバイスを頂きたいです。


この相談に対する美容外科からの回答です

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 もちが良いものをご希望される方は多いですが、少なくともβ-FGFが添加されたPRPは慎重に行わないといけません。
もし、すこしでももちをよくというならハイドロキシアパタイトのレディエッセが法令線には良いでしょう。

松下皮フ形成外科のページへ移動

タカナシクリニックからの回答

美容外科からの回答

こんにちは、タカナシクリニックです。

サーマクールだと脂肪が少なく皮膚が薄いと効果があまり感じられないと思います。
法令線はヒアルロン酸注射でもよいかと思います。種類にもよりますが、1年位は持ちますし、まめに通う必要もありません。
細かいシワであればFGFでも良いかもしれませんね。
膨らみすぎてしまう事はそんなにないと思います。

タカナシクリニックのページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。

PRPなどは部分的にしこりになることがあります。それが膨らみと触知されるでしょう。それは簡単に治らない場合が多いようです。
やはりヒアルロン酸の注入を繰り返し行う方法がベストかもしれません。
ある程度繰り返し注射をしたら、長持ちします。少しずつ注入していくと一番長持ちします。

名古屋形成クリニック
院長  上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

さやか美容クリニック・町田からの回答

美容外科からの回答 こんにちは、さやか美容クリニックの院長の皆木靖紀と申します。

FGFやPRP注入の効果は3~5年程度と言われています。おっしゃる通り不慣れな医師だと膨らみすぎてしまうことがあります。
一方、技術のある医師であれば失敗することはほとんどありません。
納得いくまで説明を受けてから治療すれば、キレイに治ると思いますよ。

さやか美容クリニック・町田のページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答 初めまして。
世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科
山本クリニック 山本博昭
です。


御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。
「ヒアルロン酸注入」がもちがわるくマメにかよわなければ・・略・」
ということですね。御相談者には「ヒアルロン酸注入」の実績があり、
トラブルもなかったという実績がおありです。

「PRPやFGFの注入」であれば本質的に、「もちがよい」といえるか
というと、そうわけでは全くありません。

「ヒアルロン酸注入」を続けられてみては如何でしょう。






上記あくまでもご参考にまでお留めおき
ご無事にお大事にされて下さいませ。

世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科
山本クリニック 山本博昭
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp

山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

銀座みゆき通り美容外科からの回答

美容外科からの回答 銀座みゆき通り美容外科院長の水谷と申します。

ご自分の脂肪を注入する、脂肪注入が良いと思います。
ただ普通の脂肪注入法では定着が良くないので、マイクロコンデンスリットファット(マイクロCRF)という状態に脂肪を調整してから注入するのがおすすめです。

マイクロCRFはご自身のお腹や太ももから専用の注射器で脂肪を吸引し、この脂肪から、血液や麻酔液、注入しても定着しない老化した脂肪細胞や、脂肪吸引の際に壊れた脂肪細胞の成分など、余計なものをすべて特殊なフィルターと遠心分離によって分離し、元気で若い脂肪細胞と脂肪幹細胞(脂肪細胞に成長する未熟細胞)のみを濃縮して注入します。
従って普通の脂肪注入とは違って定着率が非常に高く、定着した脂肪は長年効果が持続します。
またマイクロCRFには天然のサイトカイン(成長因子など)も含まれているので、注入によってシワが埋まるだけではなく、肌の若返り効果もあります。

当院は目の下のたるみ治療にマイクロCRFの注入を良く行っており、その専門HP(http://kuma-tarumi.com/)があるので、よろしければご覧ください。

マイクロCRFの注入範囲はヒアルロン酸などと同様で、目の下だけでなく、ほうれい線や頬、口もとなど、様々な注入が可能です。

銀座みゆき通り美容外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]