1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「治療方針」

鼻全般に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:治療方針/性別:女性/年代:40歳代

皆様お忙しい中大変恐縮ではございますが、ぜひ御知恵をお貸し頂きたく、本相談をさせて頂きます・・・。

【相談内容】
現在カウンセリング中の先生からお聞きした手術方法が2つあるのですが、その手術方法はどんなリスクが生じるかを知りたいということ、また、その手術方法が私の望む目的に合致するものなのか客観的な御意見を頂きたいというものです。もし、他にお勧めの手術方法がございましたら、御教示いただきたく、お願い申しあげます。

【背景・私の現在の状態】
15年以上前、鼻を高くするプロテーゼ挿入手術を行いましたがトラブルにより修復手術を複数の医院で複数回行っております。(現在のプロテーゼ厚みは1~2mm)そのため、メスを入れた側の鼻孔が拘縮により上方に引きつって鼻孔が丸見えです。すでにその鼻孔周辺の皮膚組織は硬くなっております。また、最近少し外力が加わったせいか、より拘縮が進みよりメスを入れた側の鼻孔が更に開いてきました。そして些細な刺激に鼻がとても敏感になり、色も赤みを帯び、鼻根部も痛みが生じております。

【検討している手術方法(御意見を頂きたい手術方法)】
1)プロテーゼを抜いてから瘢痕を取る→拘縮して変形した鼻孔周辺の皮を下方に引っ張る→ギプスをする

2)プロテーゼを抜く前にギプスで固め、今の形状をキープしながらプロテーゼを抜く。瘢痕は除去しない。→期間をおく→鼻孔の変形は軟骨の移植により修正する。(拘縮した側の穴のみ行う)

【私の望むこと】
1)プロテーゼを抜いた後も今の鼻の高さをキープしたい
2)拘縮して変形した鼻孔を、そうでない側の穴のようにしたい(左右対称)
3)感染症等の安全面でのリスクを可能な限り少なくしたい
4)敏感肌であるため、皮膚への配慮を頂きたい


この相談に対する美容外科からの回答です

さやか美容クリニック・町田からの回答

美容外科からの回答 こんにちは、さやか美容クリニックの院長の皆木靖紀と申します。

お話を聞く限り、これ以上修正手術をすると状態はさらに悪化する可能性があります。プロテーゼを抜去するだけにした方が良いと思います。

さやか美容クリニック・町田のページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 ギプスをして固定する方法をあなたは検討していますか?敏感肌であるあなたにギプスができるでしょうか?場合によってはギプスにこだわらなくてもいいかもしれません。あなたのように鼻はかなり難しいのですが鼻の軟骨の癒着を剥離し軟骨を移植することもあります。


名古屋形成クリニック
院長 上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

タカナシクリニックからの回答

美容外科からの回答

こんにちは、タカナシクリニックです。

皮膚の色が赤みを帯びているという事は、皮膚が薄くなっていると思われます。
まず、プロテーゼを抜去し、皮膚の回復を待つ事が大切です。
その後、皮膚の回復を確認してから瘢痕や拘縮をとる手術になるでしょう。
左右差をなくしたり、変形した鼻孔の修正は、状態により異なりますので、診察してみないと何とも言えないです。

タカナシクリニックのページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 現在の状態を改善させるにはかなり大変なことだと思いわれます。
プロテーゼを抜いた後に鼻の高さをキープするには筋膜の移植などが必要になります。しかしながら、採取部の瘢痕、移植後の形態がどれぐらい保たれるかなどいくつかの問題が生じます。
様々な選択肢の中で、リスクを少なくということであればプロテーゼを抜き、数か月おいてから鼻孔の修正(軟骨移植など)ということになるかと思います。

松下皮フ形成外科のページへ移動

山本クリニック 世田谷 美容外科からの回答

美容外科からの回答 初めまして。おはようございます。
山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
山本クリニック 山本博昭です。


御相談者の御相談内容要旨御記載を熟読ささせて頂きました。

画像診断などをみていません。
けれども、
1)プロテーゼを抜いてから瘢痕を取る→拘縮して変形した鼻孔周辺の皮を下方に引っ張る→ギプスをする

2)プロテーゼを抜く前にギプスで固め、今の形状をキープしながらプロテーゼを抜く。瘢痕は除去しない。→期間をおく→鼻孔の変形は軟骨の移植により修正する。(拘縮した側の穴のみ行う)

では「2」ではないでしょうか。

これは私の考えです。だから間違えているかもしれません。


山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
山本クリニック 山本博昭
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci

山本クリニック 世田谷 美容外科のページへ移動

[スポンサード・リンク]