1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳

美容外科治療相談の質問と回答全ての一斉相談質問リストを見る美容外科治療相談の質問と回答一斉相談を行う(無料)

[スポンサード・リンク]


美容外科一斉相談の詳細です:カテゴリー「施術金額の見積依頼」

瘢痕形成(傷痕)に関する相談内容

美容外科への質問 相談種別:施術金額の見積依頼/性別:女性/年代:20歳代

5年ほど前の腕の傷跡について、最近になって気になるようになってきました。

今年中に縫縮手術を受けようと考えています。

そこで質問なのですが。

抜糸の必要ある縫い方と、抜糸の必要ない縫い方どちらが術後の傷跡は綺麗ですか?

また、個人差はあるでしょうが大体どれくらいの期間でまた白い傷跡に変わるのでしょうか。

1cm毎の料金はいくら位しますか?


この相談に対する美容外科からの回答です

みきクリニック宮崎からの回答

美容外科からの回答 きれいなキズアトにするためには真皮縫合と行って皮膚の中を縫合する方法を行うことが肝心です。これは抜糸をする、しないにかかわらず、形成外科、美容外科では必ず行うと思います。問題は表面を縫合するかどうかですが、溶ける糸で表面を縫うのはお勧めしません。溶ける糸は炎症を起こして溶けていくので、かえって縫い跡が残りかねません。表面を縫合するとすれば、ナイロン(これは溶けません)ですが、真皮縫合だけで表面を縫合しないという方法もあります。この両者はどちらが良いかと言うことは、場所、大きさによって変わりますので、主治医に尋ねるのが良いかと思います。料金はクリニックによって違うと思いますので、これも聞いてみましょう。

みきクリニック宮崎のページへ移動

横浜FCクリニック形成外科からの回答

美容外科からの回答 私は、抜糸の必要な縫合の方がきれいにできると思います。
抜糸が必要ということは、皮膚表面はナイロン糸などの非吸収性の糸を使用するということです。
先ずは傷跡が広がらないように、真皮縫合を行い、皮膚は皮膚でちゃんと創縁を合わせるように縫うのが良いと考えます。
細かく創縁を合わせるのであれば、一か所ずつ結ぶ縫合でも、連続縫合でも良いと思います。

抜糸が不要という場合は、二通りの場合を考えました。
一つ目は吸収糸を使用するという場合です。
吸収糸は、吸収されるわけですから周囲の皮膚組織との反応があるという事を意味します。
その場合は縫合することで、余計な炎症の場を増やすことになりますから、術後の発赤もより強くなると考えます。

もう一つは、非吸収性の糸を使用しますが、真皮内で糸を通して連続縫いをする場合です。
これもいわば効率を良くするという目的に特化した縫合法であり、創縁をきちんと合わせて縫合する場合よりも縫合自体の難易度が高く美容的な目的で使う手段ではないと思います。

やはり前述の細かく創縁を合わせることができる縫合の方が良いと考えます。
傷痕の経過ですが、白くなるもしくはそれに準ずるくらい落ち着いた傷痕になるとしたら、半年~1年くらいと考えます。

費用ですが、だいたい1センチ2万円くらいが目安です。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

横浜FCクリニック形成外科のページへ移動

さやか美容クリニック・町田からの回答

美容外科からの回答 はじめまして、さやか美容クリニックの院長の皆木靖紀と申します。

抜糸を必要とする縫合の方が傷跡がキレイになります。
術後は傷跡が白く目立たなくなるのに、個人差はありますが6~12ヶ月ほどかかります。
傷跡の程度にもよりますが、手術することによって逆に目立ってしまう場合もあります。 手術を受ける際は、担当医と十分話し合って、慎重に決めるようにしてください。

さやか美容クリニック・町田のページへ移動

こまちくりにっくからの回答

美容外科からの回答 抜糸が必要な方法をお勧めします。
傷が落ち着くには、最低でも3−6ヶ月は必要であると考えて下さい。後処置(テーピングなど)も重要です。
健康保険が適応される場合もありますので、保険診療を行なっている形成外科で相談なさってみて下さい。

こまちくりにっく 院長
土井秀明

こまちくりにっくのページへ移動

名古屋形成クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちは。
お問い合わせありがとうございます。

抜糸がある、ないは傷跡にあまり影響ないでしょう。
要は手術をする術者の腕とあなた自身の体質になります。
一般に6~12か月で白い傷跡になるでしょう。


名古屋形成クリニック
かみ形成外科
院長 上 敏明

名古屋形成クリニックのページへ移動

品川美容外科 銀座院からの回答

美容外科からの回答 ご質問ありがとうございます。

抜糸前提で治療されるのがよろしいのではないでしょうか。
当院ですと、治療金額は5万円からで傷の状態によります。

また、前腕はケロイドの起こりやすい部位です。
肥厚性瘢痕にもなりやすいとも言えます。
慎重な治療計画のもとで、実施されるかどうかお考えくださいませ。

品川美容外科 銀座院のページへ移動

二子玉川ヤスダクリニックからの回答

美容外科からの回答 瘢痕形成術ですと一般に抜糸を行うやり方が多いかと思います。
体質や部位によっても異なりますが、赤みが目立たなくなるのは2~3ヶ月かかります。
1cmあたり当クリニックでは5万円で行っております。
簡単ですが、回答とさせていただきます。

二子玉川ヤスダクリニックのページへ移動

四谷見附クリニックからの回答

美容外科からの回答 四谷見附クリニックです。

傷跡修正ですが、抜糸のある縫い方の方が奇麗に治ると思います。
それよりも腕の傷は軽く盛り上げて縫うことで奇麗な傷跡に仕上がります。
腕の傷が奇麗になるには6〜12ヶ月程度必要になりますが、関節に近い場合はそれ以上かかることもあります。

当院では傷跡修正は1cm2万円で行っておりますが、関節周囲でひきつれなどが生じている場合は健康保険適用となることもあります。

四谷見附クリニックのページへ移動

松下皮フ形成外科からの回答

美容外科からの回答 松下皮フ形成外科の松下です。
傷跡形成ですが、抜糸が必要な方法でもきちんときれいになっていきます。費用はまちまちですが、傷跡が長い場合多少料金が安くなる可能性はあります。10センチぐらいで20万~30万円ほどなのかと思います。

松下皮フ形成外科のページへ移動

せたがやく山本クリニック美容外科からの回答

美容外科からの回答 初めまして。こんにちは。
世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
山本クリニック 山本博昭です。

「形成外科縫合」にて抜糸の必要の有る縫い方、
無い縫い方があります。

もちろん「創傷」の深さや性格にもよりますが
一般的には「抜糸の必要な縫合」をおこないます。

ところが、
形成縫合糸痕の目立つ程度は、上記のような「抜糸」では
ありません。

それよりも、「お受けもちの先生」が、
いまある「創傷」を、どのくらい綺麗に細工ができるかということ=
どのくらい綺麗に「debldement:デブリドマン」ができるかと
いうことと密接な関係があります。
要は「テクニック」の問題と「御理解」いただいても良いです。




白い「形成縫合線痕」は白色瘢痕といいます。

この「形成再縫合」の結果は個人差と施術の「テクニック」
により大幅にかわります。
だから
いちがいにはいえないものなのです。








世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷・東京都
山本クリニック 山本博昭
hiroakiyamamoto@mtg.biglobe.ne.jp
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html
http://www.clinicayamamoto.com/list_B.php
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci









せたがやく山本クリニック美容外科のページへ移動

アンジュール横浜クリニックからの回答

美容外科からの回答 こんにちはアンジュール横浜クリニックです。
抜糸をする方法で表面をきちんと合わせて縫合した方が綺麗に治ると思います。当院では自費治療で行う場合は3㎝以内が5万円。7㎝以内が10万円になります。また、傷が自傷行為によるものでなければ保険適応にて治療可能な場合もあります。是非ご相談ください。


アンジュール横浜クリニックのページへ移動

[スポンサード・リンク]