1. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  2. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  3. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  4. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  5. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  6. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  7. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング
  8. おすすめ美容外科、優良美容外科のランキング



英語に翻訳

中国語に翻訳
[スポンサード・リンク]

眼瞼下垂の治療について

目の大きさと肩こりを同時に解消する眼瞼下垂


2020年以降、眼瞼下垂患者は増加する傾向が強くなる?

眼瞼下垂は主に老化によって引き起こされる。
上眼瞼(上まぶた)の機能に障害が生じ、瞼が開きづらくなると、視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとする、そのため、あるいは顎を挙上するため、頭痛や肩こり、腰痛、まぶたを開ける筋肉に過度な負担がかかり、眼精疲労を引き起こす場合があるというものだ。

最近では高齢者でも目を酷使する作業や仕事、趣味や娯楽が多い。

平均寿命が格段に延びたからということもあるが、目の筋肉は鍛えようがない。
そのため、眼瞼下垂患者は増加の一途をたどっている。



眼瞼下垂の治療方法は?

眼瞼下垂は保険適応となることもあり、多くの方は自己負担が少ない保険治療での病院を探すと思う。
しかし一方で、完全に自費診療の手術を受ける人もいる。

両者の違いはなんだろうか。

保険適応の治療の場合、単に「開きづらい」という機能面の改善では適応されない。視野の障害など日常生活への支障がある場合に限られる。
多くの方はメディアなどで「肩こり、偏頭痛」の解消がクローズアップされていることから、これらの症状の緩和目的で保険での治療を希望する人も少なくない。
しかし、「眼瞼下垂」本来の治療目的は視野の障害であって、頭痛や肩こりというのは治療適応外であるということは知っておいて欲しい。

一方の美容外科での治療の場合には、当然ながらこれに加えて「より美しく、美容的に」というオプションが加わる。
仕上がりを美しく自然にすること、副産物として得られる頭痛や肩こりの解消は非常に満足度も高い。

お金に余裕があるから否かではなく、歯の治療も自費負担となるものが非常に高度で有意義な治療なのに対し、保険治療では「それなりだ・・・」という評価をする人が多いが、美容医療の眼瞼下垂もまさにこの点につきるだろう。

こうした治療は人生でそう何度も行われるものではない、だとするならば、自分の体に対する投資を惜しまない方がよいと思うのは自然な感想ではないかと思う。



眼瞼下垂を推奨する方

以前に比べ目の形が細くなってしまった方(目が細く、目つきが悪いと思われる)
瞼がうまく上がらないことによる見づらさがある方
肩こりや頭痛を感じる方(瞼の筋肉を過剰に使うため、肩こりや偏頭痛が強くなる傾向があります)
目を開ける時に、額にしわが寄ってしまう方



監修医師

慶友形成クリニック 院長
慶友形成クリニックの眼瞼下垂の紹介ページ