再生医療|線維芽細胞治療特集

再生医療特集「線維芽細胞を目の下にクマへの注入」


[線維芽細胞とは?]|[具体的治療例(しわ、たるみへの注入)]|[具体的治療例(目元、クマへの注入)]|[治療の流れ]

--- 目の下、クマへの注入 ---

目の下にクマへの注入

下の写真は28歳の女性です、この方は肌に透明感があり、大変に奇麗です。
しかし、皮膚そのものに厚みがなく、目の下にクマとなっている色味が主なスキントラブルとして悩んでおられました。
こういったくまの原因は、皮膚が薄いために眼輪筋と呼ばれる筋肉の血行状態が透けて見えている状態ですので、これを改善させることは皮膚を厚くできない限り不可能でした。 しかし、線維芽細胞移植は真皮そのものを厚く変化させることができるので、くまの根本的な治療ができる唯一の治療です。

線維芽細胞移植術の概要

皮膚の真皮に存在する肌を構成する上で非常に大切な細胞である線維芽細胞を、最先端のバイオテクノロジー技術を使って、増やし、働きを活発にして肌に移植するのがこの治療の特徴です。細胞は耳の裏側から数ミリ採取し、1~1.5ヵ月かけて培養するため、すぐに治療できるわけではありません。
また、細胞が生着して、肌の再生に効果が出始めるのも2~3カ月はかかってしまいます。しかし、皮膚を厚くできるという意味からも、どの治療よりも効果があり、多くの女性の悩みを解消できる可能性として、大変期待されております。
線維芽細胞治療前 線維芽細胞治療後



[線維芽細胞とは?]|[具体的治療例(しわ、たるみへの注入)]|[具体的治療例(目元、クマへの注入)]|[治療の流れ]


Copyright(C)biyou-soudan.com. All Rights Reserved.