永久まつ毛・アートメイク特集

アートメイク

これでまつ毛の悩みは解消、アートメイクについて

アートメイクとは?

アートメイクとは、眉やアイラインをメイクで描くのと同じように、皮下に色素を入れ取れることのない半永久的なメイク術を言います。アートメイクの方法としては手彫りとマシーンを使う施術の2通りがありますが、現在はマシーンを使ったアートメイクが主流。手彫りは深く入りやすいデメリットがあるが、マシーンは一定層に安定して着色できるのが特徴である。 アートメイクは皮下に色素を入れると言う行為なので、皮膚炎やヘルペスなど皮膚症状を起こしやすく、厚生労働省の見解としては医療機関で行うべきであるとされている。しかし、実情はアートメイクサロンが数多く存在し、アートメイク国際免許という資格もあるが、認定された資格ではないため現実にはなんの意味も持たない。



アートメイクのメリット

・毎日のメイクが楽になる
・女性の命ともされる眉やアイラインの形に悩まなくて済む
・プールや温泉などでも変わらないため恥ずかしい思いをしなくて済む
・ゴルフやテニスなどの運動時に汗をかいても気にならない



アートメイクが向いている人

すべての人がアートメイクに向いている訳ではない。また、アートメイクに100%の仕上がりを求めると逆に不自然となり避けるべきである。最終的な仕上がりを100%とするとアートメイクで7,80%の仕上がりとし、残りの2,30%は通常のメイクで仕上げると非常に自然に整う。そういったことを理解した上でアートメイクを実施すべきである。

・朝のメイクを楽にしたい。時間を短縮したい。
・お化粧が面倒、苦手。
・眉毛が薄くて悩んでいる。
・目を大きくみせたい。
・唇が薄い。リップラインがはっきりとしない。



アートメイクの料金相場

眉(アイブロー):5万円から15万円
アイライン:2万円から5万円
リップライン:5万円から20万円
料金で気をつけたいところは、アートメイクは1回の施術で色素は入りません。
通常、3回程度は必要になります。
安い!と思って申し込んでも、実は1回当りの施術費用で、色素が入るまでの合計で計算すると、高額になってしまったというトラブルも少なくありません。
アートメイクの料金は仕上がりまでの費用なのか?
それとも1回当りの費用なのか?それをきちんと確認して申込む必要があります。



アフターフォローで気をつけたい点

・アートメイクの施術後は最低でも2週間はピーリングなどの角質ケアを避ける
・激しい摩擦は避ける
・しっかりと保湿し乾燥を防ぐ

美しいまつ毛対策「アートメイク」への取材ご協力美容外科

美容皮膚のスペシャリスト

森本 亜玲
美容皮膚の専門ページ
クリニックのホームページ
[資格]
日本皮膚科学会皮膚科専門医
[職歴]
平成12年 慶應義塾大学卒業
平成12年 慶應義塾大学皮膚科勤務
平成14年 帝京大学附属市原病院皮膚科勤務
平成16年 川崎市立川崎病院皮膚科勤務
平成19年 慶友形成クリニック勤務


Copyright(C)biyou-soudan.com. All Rights Reserved.