日本最高の五平餅、木挽小屋

おそらく知っている人は限られるだろう。

郡上八幡から飛騨へ抜ける道中に、ぽつんとたたずむ五平餅屋さんがあることを。

90歳を迎える女主人が営むその店は1日限定30本。

朝8時頃から営業開始し瞬間に売り切れる店なのだ。

ここの五平餅の特徴はまずその大きさ。

通常の小判型と違い、丸くて分厚い。

味噌とごまだれの2種があるのだが、1つ食べるとおそらくご飯2膳分くらいはあるだろうかというほどのボリュームなのだ。

1本400円。

手間を考えると間違いなく赤字だ。

おばあちゃんはもう常連さんと遠くから来る人のためだけ、笑顔のためだけに営業しているという感じで、お金もうけのにおいは一切しない。

雪深い場所なので、時期によっては営業できないらしいが、1生に1度はぜひ食べてほしいものの1つ。

秘境飯のカテゴリーに入る。

DSC_0002
DSC_0003
DSC_0005
DSC_0006
DSC_0008
DSC_0009
DSC_0011
DSC_0014
DSC_0016
DSC_0018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です