いよいよ細胞の採取をすることになる

前回の血液採取から2週間が経過し、クリニックからの返答は良好、つまりは治療を受けられるという判定となった。
まぁ内心はほとんど心配はしていなかった。

さて、その流れで今回は細胞を採取する段階だ。

内容を聞いてみると耳の後ろ側から皮膚を少し切り取る。
耳の後ろなので他の人から見られることもないし、治りも早い。

数ミリ角で採取した後は、血液で培養する。
なので、ここで再び今度は培養の為の血液を採取する。

自分の場合には世の中の平均体重よりもかなり低いので、少し心配だとは言われたが、全く問題はなかった。

お願いした部位は目の下、おでこ、ほうれい線。
まずはこの3か所から始め、効果を見定めてから次の部位を決めてみたいと思う。

3部位となると、培養に少し時間がかかるようで1ヶ月くらい待つことになるが、老化抑制という時間を手に入れられるなら1ヶ月くらいは何の問題もない。

先生には、この1ヶ月で運動や食事などは今までどおりでよいのか?と尋ねてみたら、今まで通りで問題ないですよということなので安心した。

何せ一度手に入れた理想体型なのだ、この生活は変えたくない。

とりあえずは毎日の健康を気にしながら培養が無事うまく行くことを祈ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です