国内で信用できるところはそうない

前回のコラムでも書いたのだが、国内で繊維芽細胞培養、移植術をまともに取り組んでいるところはそう多くはない。

何より細胞培養を外注しているクリニックは私自身は信用していないし、たんなるお金儲けとしか考えていないのではないかとさえ思ってしまう。

海外では非常に高額な金額がかかるため、おそらく繊維芽細胞治療でもっとも安価なのは日本だと思う。

ただ、その日本は世界でも最強クラスに敷居が高い。

なので、倫理員会を持っているクリニックは非常に貴重なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です